「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/08/11

「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造


富士通マーケティング/サイバーエージェント/セールスフォース・ドットコム


「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造のセミナー概要 「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造のプログラム 「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造の申込み



開催日時

2011年9月14日(水) 14:30〜17:30|申込み締切 2011年9月13日(火)
会  場 渋谷マークシティ ウエスト17階
東京都渋谷区道玄坂1丁目12番1号

参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造」の続きが読めます

「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

Microsoft Dynamics 365 Customer Engagement 【日立ソリューションズ】 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 【スターティアラボ】 営業手法の改革で収益性向上や人材強化を実現、そのキーワードは“分業化” 【ブリッジインターナショナル】
CRM CRM CRM
セールス、カスタマーサービス、フィールドサービス、ポータルなど、カスタマーエンゲージメントを高めるためのマイクロソフトのビジネスアプリケーション。 効果的なデジタルマーケティングを実現する新時代の「AR」プロモーションとは? 営業手法の改革で収益性向上や人材強化を実現、そのキーワードは“分業化”

「CRM」関連の特集


CRMは、初期費用は比較的簡単に計算できますが費用対効果が見えにくいシステムです。今回はCRMを導入…



CRMの重要性が分かっても、今度は「どの企業の、どのシステムを選べばいいのか?」という悩みが浮上して…



 日本経済は本格的な成熟期を迎え、少子高齢化、消費ニーズの多様化、消費動機の変化などの背景もあり、作…


「CRM」関連のセミナー

点検・保守・修理業務の報告書改革 【パナソニック インフォメーションシステムズ/G-Smart】  

開催日 2月15日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

点検・保守・修理業務では、作業依頼・手配〜作業完了、完了後の報告書作成〜承認まで、非常に多くの時間とコストを費やしています。未だに手書きの報告作 成も多くの現場…

Salesforce『オムニチャネル』コンタクトセンターの姿とは? 【セールスフォース・ドットコム/NTTテクノクロス】 締切間近 

開催日 1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

 お客様との大切な接点として、近年注目を集めるコンタクトセンター。 電話だけではなく、LINEやチャットといった新しいチャネルを通じて お客様との接点を広げるこ…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「リツイート」「いいね!」を活かした顧客創造」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039397


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ