グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/07/13

グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは


電通国際情報サービス


グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とはのセミナー概要 グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とはの申込み



開催日時

2011年7月26日(火) 15:00〜17:00|申込み締切 2011年7月25日(月)
会  場 電通国際情報サービス 本社セミナールーム
東京都港区港南2-17-1
JR品川駅/京急品川駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |全社スタッフ|情報システム部の統括

会員限定で「グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは」の続きが読めます

グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「会計システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「会計システム」関連情報をランダムに表示しています。

「会計システム」関連の製品

ZeeM 会計 【クレオ】 予算編成システム BizForecast(ビズフォーキャスト) 【プライマル】 経理部門にも「働き方改革」、バックオフィス業務の効率化にERPが役立つ理由 【ミロク情報サービス】
会計システム 会計システム 会計システム
財務・管理会計を統合し、他システムとの連携性と充実した管理会計、決算日程の短縮にこだわったオールインワン会計システム。 各企業における最適な予算編成を実現するグループ経営管理システム。「柔軟性の高さ」と「使い勝手の良さ」を兼ね備え、経営管理の効率化を支援する。 社内の働き方改革を推進する立場にある管理部門。その管理部門の働き方改革がなかなか進まないといった皮肉な状況が起きている。原因と解決策とは。

「会計システム」関連の特集


2015年5月時点での利用率は、パッケージ型/クラウド型の合計で約31%の同市場。37%の占有率を獲…



中堅・中小企業(年商500億円未満)の会計管理シェアをお届けします!2010年から2011年にかけて…



2015年以降、強制適用の可能性が高まってきた国際会計基準(IFRS)の基礎解説と、情シスが対応すべ…


「会計システム」関連のセミナー

予算管理ハンズオンセミナー(fusion_place)12月開催 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月18日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

予算管理を行う現場ではExcelが多用され、“Excelメタボ”と言われる状況が生まれています。Excelメタボを解消し、予算管理の効率化と意思決定のスピードア…

IT全般統制セミナー 【ITガバナンス研究機構】 締切間近 

開催日 11月24日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

経産省の「システム管理基準 追補版(財務報告に係るIT統制ガイダンス)」を基に、具体例を織り交ぜながらリスクコントロールマトリクス(RCM)の作成を通して、効率…

RAKUS Cloud Forum 2017 【ラクス】  

開催日 12月13日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

『クラウドの活用で経理はもっとラクになる。』 働き方改革が注目を集める中、企業にとって社員1人ひとりの生産性向上は 大きな課題です。 中でも経理部門においては定…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「グローバル時代の財務経理部門に求められる姿とは」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50039050


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 会計システム > 会計システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ