IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > その他 > オンラインセミナー > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/07/09

PC管理ツールDirectorのご紹介


アシスト


PC管理ツールDirectorのご紹介のセミナー概要 PC管理ツールDirectorのご紹介の申込み



開催日時

2011年8月4日(木) 09:30〜10:00|申込み締切 2011年8月3日(水)
会  場 オンラインセミナー


参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「PC管理ツールDirectorのご紹介」の続きが読めます

PC管理ツールDirectorのご紹介」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「PC管理ツールDirectorのご紹介」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

IT資産管理・情報漏えい対策 LanScope Cat 【エムオーテックス】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
IT資産管理、操作ログ管理、マルウェア対策、ファイル配布、各種レポートやリモートコントロールなど、セキュリティ対策やIT資産管理に必要な機能を網羅したパッケージ。 エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。

「IT資産管理」関連の特集


モバイルワークを実現するための方法は1つではなく、多種多様な選択肢の中から、自社の環境や目的に応じて…



日本のソフトウェア違法コピーによる経済的損失は昨年度約1500億円。十分な管理がなされていないと気付…



IT担当者308人に緊急調査!「導入状況」や「重視ポイント」、「課題や悩み」として多く寄せられた意見…


「IT資産管理」関連のセミナー

ITILファンデーション 研修 (3日コース) 【アーク】  

開催日 1月22日(月)〜1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 15万1200円(税込)

<ITIL(アイティル)って?>ITILとは、英国政府が作成したITサービスの全体(戦略・設計・移行・運用・継続的改善)にわたるベストプラクティス集であり、国際…

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】 締切間近 

開催日 8月25日(金),9月29日(金),10月27日(金),11月30日(木),12月22日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

SS1オンラインセミナー 【ディー・オー・エス】  

開催日 12月15日(金)〜8月31日(金)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

株式会社ディー・オー・エスでは、IT資産管理ソフト「System Support best1(SS1)」を用いた、IT資産管理/情報漏洩対策の課題解決をテーマと…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

PC管理ツールDirectorのご紹介」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「PC管理ツールDirectorのご紹介」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038999


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ