事業継続を支援するITシステム管理者向けセミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/29

事業継続を支援するITシステム管理者向けセミナー


日本アイ・ビー・エム


事業継続を支援するITシステム管理者向けセミナーのセミナー概要 事業継続を支援するITシステム管理者向けセミナーのプログラム 事業継続を支援するITシステム管理者向けセミナーの申込み



開催日時

2011年7月6日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2011年7月5日(火)
会  場 日本アイ・ビー・エム株式会社 本社事業所 201・202教室
東京都中央区日本橋箱崎町19番21号

地図はこちら
参加費

無料
定 員

200名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用


セミナー概要

東日本大震災を経験し、多くの企業が、各種ITインフラの課題に直面しました。不測の事態に備えたリスク管理はできているか?業務データが失われた場合の復旧手段は整っているか?システムの命綱である電力基盤に不安はないか?といった事業継続(BCP)にかかわる課題です。 
本セミナーでは、事業を継続するために、ITシステムが取り組むべき課題について、今すぐに取り組むべきもの、腰を据えて中長期的に取り組むべきものに分け、4つの視点(節電、災害対策、資産管理、リスク管理)からご紹介します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2011/07/06
13:30〜14:15

【トラックA-1】 PC電源管理の一元化・可視化により、徹底した節電を実現! ―IBM Tivoli Endpoint Manager のご紹介

未曾有の震災被害により、国家レベルの電力不足が叫ばれる中、各企業における節電が急務となっております。
節電対策で注目すべきは、今や企業活動の必須アイテムであるPCの電源管理です。現在、ほとんどのPCには電源管理の機能が組み込まれていますが、この機能がエンド・ユーザに十分に活用されていないのが現実です。本セッションでは、電源管理を一元化、可視化し、企業の節電を実現するソリューション「IBM Tivoli Endpoint Manager」をご紹介します。
講師 柿澤 浩介
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 Tivoli Product Speciality Team シニアスペシャリスト
2011/07/06
13:30〜14:15

【トラックB-1】 サービスの単位で日々備えることが事業継続力の鍵! ―ITサービス継続性管理ソリューション

企業における基幹ビジネスの事業継続性(BCP)を考えた時、ITを単体のテクノロジーとして考えるだけではBCPは機能しません。基幹ビジネスを支えるITサービスの単位で、BCP対応を日々準備するプロセス(ITサービス継続性管理)の確実な実行が必要です。不測の事態に迅速に対応し、ビジネス活動の中断を最小限に食い止めてこそ、日々のIT運用管理の真の実力と価値が認められます。
講師 久納 信之
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 サービスマネジメント担当部長
2011/07/06
14:25〜15:10

【トラックA-2】 データセンターにおけるエネルギー効率見える化ソリューション

節電が強く騒がれる昨今、各社様では、データセンターでの節電計画の検討が始められています。IT部門は、これまで、サーバ機器のパフォーマンスやレスポンスを中心に管理してきましたが、今後は、CO2の削減も含めたエネルギー効率についても管理していく必要性が高まってきています。 本セッションでは、エネルギー消費の効率を高めるためのソリューションを製品説明を含めてご紹介します。
講師 白木 一浩
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 第一クライアント・テクニカル・プロフェッショナルズ クライアント・テクニカル・スペシャリスト
2011/07/06
14:25〜15:10

【トラックB-2】 事業継続性強化と、IBM Tivoli Storage Manager / IBM FastBack を活用したディザスター・リカバリー・ソリューション

事業継続性(BCP)計画には、万一の際、いかにビジネスを継続するか、また、いかにビジネスを回復させるかという両方の観点が必要です。どちらかだけでは万一の際、ビジネスの継続、回復はままなりません。しかし、全ての事象に対応した計画を持つことは厳しいと言わざるを得ません。そのような環境にあって、BCP作成にあたって考えるべきポイントは何でしょうか。
一方、昨今のビジネスとITは密接な関係があります。いざという時、ITをいかに健全に保つか、または、迅速に回復させるかを考えておく必要があります。この点について、バランスを考慮し、ストレージソフトウェアの観点から、ビジネスを継続する方策をご紹介します。
講師 田中 克己
日本アイ・ビー・エム株式会社
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 第一クライアント・テクニカル・プロフェッショナルズ クライアント・テクニカル・スペシャリスト
2011/07/06
15:20〜16:05

【トラックA-3】 事業継続につながるクラウドによるIT体質改善

ITの存在と機能の整合性を管理することにより、IT資産の脱メタボ(筋肉体質への改善)を促す、クラウド型IT資産統合運用管理サービス「SAMaaSシリーズ」をご紹介します。
講師 高橋 良広
株式会社エクサ
クラウドサービス事業部 クラウドサービス事業開発部 部長
2011/07/06
15:20〜16:05

【トラックB-3】 企業は0-day攻撃に耐えうることができるか?組織化、巧妙化された不正アクセスへの先手を打つIBMセキュリティー・ソリューション

不正アクセスは、愉快犯から金銭目的の犯行へと変異してきていることは周知の事実であり、特定の企業を狙った標的型攻撃の数も増加の一途をたどっています。重要サーバに内在する脆弱性を可視化し、外部からの不正アクセスをいかにリアルタイムに検知・防御して重要サーバを守るかなど、IBMの考える危機に対するベスト・プラクティスをご紹介します。
講師 矢崎 誠二
ソフトウェア事業 Tivoli事業部 ISSブランド&第三クライアント・テクニカル・プロフェッショナルズ 部長
2011/07/06
16:15〜17:00

【トラックA-4】 エネルギー可視化機能を搭載するネットワーク機器管理ソリューション

IT機器の節電対策に効果を発揮するエネルギー可視化機能を包含した、新しいタイプのロー・コスト・ネットワーク機器管理ソリューションをご紹介します。
講師 上田 弘和
旭エレクトロニクス株式会社
執行役員 ソリューションシステム事業部長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


日本アイ・ビー・エム株式会社
住 所 : 東京都中央区日本橋箱崎町19-21
URL : http://www-06.ibm.com/ibm/jp/itsolutions/solutions/governance/events/sms/110706/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038671


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ