IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/23

見える化による監視運用業務の改善


ホロンテクノロジー


見える化による監視運用業務の改善のセミナー概要 見える化による監視運用業務の改善のプログラム 見える化による監視運用業務の改善の申込み



開催日時

2011年6月30日(木) 15:00〜17:30|申込み締切 2011年6月29日(水)
会  場 沢の鶴ビル3F セミナールーム
東京都中央区日本橋人形町1-3-8
駅から徒歩3分

参加費

無料
定 員

10名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「見える化による監視運用業務の改善」の続きが読めます

見える化による監視運用業務の改善」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「見える化による監視運用業務の改善」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

運用基盤クラウドサービス mPLAT 【野村総合研究所】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 【マンガで解説】終わりの見えない保守サイクルの脱出法 【日本アイ・ビー・エム】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
システム運用に必要な機能をSaaS型で提供するクラウドサービス。Senju Familyベースのサービスを必要な部分のみ選択することにより、最適な運用環境を短期間に実現。 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 辛口の妖精がマンガで伝授する、終わりの見えない保守サイクルの脱出法

「統合運用管理」関連の特集


仮想化やクラウド利用の広がり、スマホやタブレットなどデバイスの多様化…。今、それぞれの環境と既存シス…



運用のお手本ITIL。しかしその一方で本当に使えるの?という声も…。そこで今回はITIL をイチから…



成長の鈍化傾向が顕著に見え出した「ITアウトソーシング市場」。今回は国内企業の実態調査データから変貌…


「統合運用管理」関連のセミナー

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)速習研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 2月17日(金),3月7日(火)   開催地 大阪府   参加費 有料 7万5600円(税込)

本研修は日々の業務等にお忙しく2日間の研修を受講される時間の都合がつかない方を対象に、ワークブックによる自習+1日の座学研修をお受けいただき、ITI ファンデー…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 3月27日(月)〜3月28日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 9万9900円(税込)

本研修は、ITサービスマネジメントとそのベストプラクティスであるITILの概要を2日間かけて学習していただき、世界共通資格であるITIL ファンデーション資格を…

ジョブ管理製品のマイグレーションへの第一歩! 【主催:アシスト】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜他社ジョブ管理製品からJP1への乗り換えの検討から構築までの具体的な手法をご紹介〜現在お使いのジョブ管理製品でお悩みや課題、要望をお持ちではないでしょうか。本…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

見える化による監視運用業務の改善」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「見える化による監視運用業務の改善」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038629


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ