IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/22

SafeNet SRM新製品発表セミナー


日本セーフネット


SafeNet SRM新製品発表セミナーのセミナー概要 SafeNet SRM新製品発表セミナーの申込み



開催日時

2011年7月14日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2011年7月13日(水)
会  場 東京ミッドタウン  リッツカールトン東京
東京都港区赤坂9-7-1
六本木駅から徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

プログラマ |システムの設計・運用

会員限定で「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の続きが読めます

SafeNet SRM新製品発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

レンタルPCの管理業務を3分の1に――事例に学ぶサービス選び 【ディーアールエス】 IT資産管理ソフトSS1<System Support best1> 【ディー・オー・エス】 クライアント運用管理ソフトウェア SKYSEA Client View 【Sky】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
レンタルPCの管理業務を3分の1に――アコーディア・ゴルフに学ぶサービス選び IT機器などの最新情報をリアルタイムに把握・可視化し、資産・セキュリティ・ログの管理を効率化する。新機能のソフトウェア資産管理機能でコンプライアンス強化も支援。 使いやすさを追求したクライアント運用管理ソフトウェア。「ログ管理」や「IT資産管理」など必要な機能を標準装備し、専門知識がない人でも簡単に扱える点が魅力。

「IT資産管理」関連の特集


 本連載では「トータルソリューション/ワンストップソリューション」とは何か?を様々な観点から整理し、…



ソフトウェアのライセンス管理が徹底できていないケースが増加中。知らなかったでは済まない、深刻なリスク…



ライセンスの不正使用により、2011年9月には世界最高の約4億4000万円という和解金が発生した事例…


「IT資産管理」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】  

開催日 12月15日(木),2月16日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

LanScope Cat 最新バージョンリリース会 【エムオーテックス/Cylance Japan】  

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

IT活用による業務効率化 × 弁護士が教える企業秘密漏洩対策 【スターティア/ChatWork/ファースト法律事務所】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

【こんなお悩みのある経営者、経営幹部、営業部、情報システム部の方は、ぜひ受講をおすすめします!】・社内の業務を効率化しようと思うが、何から手をつけたらいいのかわ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SafeNet SRM新製品発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038602


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ