IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/22

SafeNet SRM新製品発表セミナー


日本セーフネット


SafeNet SRM新製品発表セミナーのセミナー概要 SafeNet SRM新製品発表セミナーの申込み



開催日時

2011年7月14日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2011年7月13日(水)
会  場 東京ミッドタウン  リッツカールトン東京
東京都港区赤坂9-7-1
六本木駅から徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

プログラマ |システムの設計・運用

会員限定で「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の続きが読めます

SafeNet SRM新製品発表セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 ソフトウェアライセンス管理「iTAssetEye」 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク、監査請求の責任は誰に? 【ウチダスペクトラム】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
保有、申請、利用、監査の4つのフェーズにおいて、ソフトウェアライセンスの適正な管理機能を提供。違反リスクを低減し、監査業務をサポートする。 仮想環境に潜むコンプライアンスリスク――膨大な監査請求の支払責任は誰に?

「IT資産管理」関連の特集


スマートデバイスの台頭やWindowsXPのサポート切れなど、変化の激しいクライアント環境。IT資産…



「BYOD」なら聞いたことがあるけれど「X」とは何か?実は企業システムの運用思想をこの「X」が変えて…



社員のソフト違法コピーが発覚、和解金は1億円以上で、会社の存続危機…。あなたは自社の「IT資産」、正…


「IT資産管理」関連のセミナー

ハンズオンで学ぶ!PC資産管理と情報漏えい対策 【エムオーテックス】 締切間近 

開催日 1月12日(木),2月2日(木),3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

マイナンバー制度の開始や個人情報保護法の改正に伴い、お客様の情報セキュリティの重要性は日に日に増しています。情報漏えいのリスクは、従来からの内部からの情報漏えい…

売れ筋「IT資産管理ツール」比較セミナー 【サイバネットシステム】  

開催日 3月21日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

IT資産管理ツールの導入担当者様に向けに、選定時に必ず比較対象となる売れ筋IT資産管理ツールの紹介セミナーを開催いたします。それぞれの特長や機能を比較いただきな…

海外拠点における情報セキュリティ対策とITシステム活用を学ぶ 【サイバネットシステム】  

開催日 3月9日(木),5月18日(木),7月6日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

日系企業の海外進出が加速する中、日本国内の端末はセキュリティ対策や管理ができているが、海外拠点は現地スタッフに任せっきりといった企業が多いようです。実際に、ウイ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

SafeNet SRM新製品発表セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「SafeNet SRM新製品発表セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038602


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ