クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー

IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/17

クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー


主催:ラネクシー/共催:インフォサイエンス/ニューシステムテクノロジー


クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナーのセミナー概要 クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナーのプログラム クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナーの申込み



開催日時

2011年7月8日(金) 14:00〜16:10|申込み締切 2011年7月8日(金)
会  場 株式会社ラネクシー 3F セミナールーム
東京都新宿区百人町1-22-17
JR総武線 大久保駅北口/南口より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

50名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー」の続きが読めます

クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合ログ管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合ログ管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合ログ管理」関連の製品

Logstorage(ログストレージ) 【インフォサイエンス】 サーバアクセスログ『ALog ConVerter』 【網屋】 印刷イメージログ監視システム 「PrintInsight」 【ギガ+他】
統合ログ管理 統合ログ管理 統合ログ管理
企業内やクラウド上に分散するITシステムのログデータを自動収集、統合管理することにより、セキュリティ対策、運用負荷の軽減を実現する純国産の統合ログ管理製品。 重要データへのアクセス記録をエージェントレスで取得する製品。重要データが格納されるサーバ側からログを取得するため、低コストで効率的なログ管理を実現可能に。 印刷された文書の情報をすべて取得、保管し、その情報を把握・分析することで、印刷物からの情報漏洩を効果的に抑止する、紙媒体に特化したセキュリティソリューション。

「統合ログ管理」関連の特集


誰だって「監視されたくない」現実。でも情報漏洩対策としては、とても有効なこのツール。ユーザ側と運用管…



IT担当者628人を対象に「企業におけるログの管理状況」を調査。目的や対象機器などから、ログ管理の実…



PCの操作履歴を取得できる「PCログ監視ツール」。情報漏洩対策として導入した企業も多いとか…。Web…


「統合ログ管理」関連のセミナー

事例から学ぶ特権ID・監査ログ管理実践セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 1月12日(木),2月10日(金),3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

IT全般統制の不備に対する監査法人からの指摘への対応、PCI DSS認定時のアクセス管理要件への適応、リモート作業時のアクセス制御・ログ取得など、現在様々な要件…

最新版Logstorageのご紹介セミナー 【インフォサイエンス】 締切間近 

開催日 1月12日(木),1月26日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

ログ活用の事例を交えながら、統合ログ管理システムLogstorage最新版の機能をご紹介いたします。・セキュリティとログ管理・ログ管理の問題点とログストレージに…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド環境でも活用できる!ログ管理の課題解決セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038550


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合ログ管理 > 統合ログ管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ