【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー

IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/17

【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー


ネットワールド


【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナーのセミナー概要 【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナーの申込み



開催日時

2011年7月14日(木) 13:30〜17:30|申込み締切 2011年7月14日(木)
会  場 名古屋ルーセントタワー ビジネスサポートセンター 16F 会議室O 
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー」の続きが読めます

【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「VDI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「VDI」関連情報をランダムに表示しています。

「VDI」関連の製品

複数のデバイスやアプリを使った働き方に最適な環境や管理とは? 【ヴイエムウェア株式会社】 仮想デスクトップインフラ(VDI)のナゼ?困った!をプロが解説 【日商エレクトロニクス】 VDIに関するTCOや運用負荷の課題を解消するハイブリッド型に注目 【レノボ・ジャパン株式会社】
VDI VDI VDI
複数デバイスは当たり前 IT環境の変化にクライアント管理は対応できる? 大規模VDIの導入は、ユーザーから「使いものにならない」といった不満が出やすい。問題は見積もりや設計にあるのか、あるいは……。プロがこっそり語る裏事情をレポート。 従来型「VDI1.0」vs.低コスト型「VDI2.0」、実利用の差はどれくらい?

「VDI」関連の特集


デスクトップ仮想化で特に「仮想PC方式」で導入障壁になりがちなコスト課題。ストレージコストやライセン…



 前回はデスクトップ仮想化において、スケジュール検索による負荷増大の問題点や、サーバとデスクトップ仮…



 仮想化ソフトウェアやシンクライアントの市場が拡大する中で、デスクトップ仮想化(VDI:Virtua…


「VDI」関連のセミナー

VERDEセミナー 【オリゾンシステムズ】 締切間近 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

仮想化デスクトップ(VDI)の導入をご検討されている方へ朗報!BYODへの対応、事業継続計画(BCP)の策定、Windows XPのサポート問題、セキュリティ対…

働き方の多様化とセキュリティを実現する VDI実践セミナー 【ディーアイエスソリューション/日本ヒューレット・パッカード/ヴイエムウェア】  

開催日 3月9日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、企業側には社員への多様な働き方の実現を強く求められる反面、情報漏えいリスクや影響範囲は日増しに高まっています。弊社セミナーでは、このようなセキュリティ脅威…

SOLIDWORKS on VDI 環境体験セミナー 【キヤノンITソリューションズ】 締切間近 

開催日 3月3日(金),3月3日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

3D CADを既に導入されているお客様向けに、デスクトップ仮想化をご紹介します。VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャ)を使ったCAD環境の仮想化をご覧い…

「仮想化」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【名古屋開催】VMware SEテクニカルセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038525


IT・IT製品TOP > 仮想化 > VDI > VDIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ