OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/14

OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか


OSSコンソーシアム


OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるかのセミナー概要 OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるかの申込み



開催日時

2011年6月27日(月) 15:00〜17:00|申込み締切 2011年6月27日(月)
会  場 JR品川イーストビル 日立ソリューションズ 20Fセミナールーム
東京都港区港南2-18-1 

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売|経営者CIO

会員限定で「OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか」の続きが読めます

OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「勤怠管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「勤怠管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「勤怠管理システム」関連の製品

クラウド勤怠管理システム 「バイバイ タイムカード」 【ネオレックス】 ジョブカン勤怠管理 【Donuts】 ハイブリッド型 勤怠管理システム「ShiftMAX」 【KYODOU】
勤怠管理システム 勤怠管理システム 勤怠管理システム
3年連続シェアNo.1(1,000人以上規模、2017年ミック経済研究所調べ)の勤怠管理システム。様々な打刻方法と柔軟なカスタマイズに対応し、サポート体制も充実。 シフト管理と勤怠管理の業務を効率化し、不正のない打刻による厳密な出退勤管理を可能にするなど、様々な機能を提供するシフト管理・勤怠管理ソリューション。 Excelから直接クラウドサービスに接続し、シフト管理、勤怠管理が行えるハイブリッド型のシステム。会社ごとに異なる勤務形態にも柔軟に対応できる。

「勤怠管理システム」関連の特集


パッケージ製品に比べ、2008年度出荷金額が急速に拡大したASP/SaaS型国内就業管理市場。同製品…



総額約30億円の未払い残業代の支払いや数億円の未払い賃金が判明したケースなど、勤怠管理の不備や不正に…



これから勤怠管理を導入、リプレースを予定する企業の一番の目的は何なのか。以前と明らかに傾向が変わって…


「勤怠管理システム」関連のセミナー

大同生命様登壇!情報セキュリティに配慮したテレワークとは 【キヤノンITソリューションズ】  

開催日 11月20日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

「情報セキュリティへの配慮」は常にテレワーク導入における上位課題です。今回はこの情報セキュリティをテーマにテレワークセミナーを開催いたします。ご登壇頂く大同生命…

誰でもわかる 働き方改革セミナー 【ディーアイエスソリューション/オービックビジネスコンサルタント/エイトレッド】 締切間近 

開催日 11月27日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

働き方改革を実現させたいが、具体的な取り組みに向けての一歩が踏み出せないという企業も多いかと思います。本セミナーでは事例を交えて全ての企業が実践でき、業務にかか…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「OSS活用セミナ、勤怠管理「MosP」を導入するメリットはあるか」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038442


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 勤怠管理システム > 勤怠管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ