IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/11

データ保全ソリューションセミナー


主催:日本電子計算


データ保全ソリューションセミナーのセミナー概要 データ保全ソリューションセミナーの申込み



開催日時

2011年6月24日(金) 14:00〜16:30|申込み締切 2011年6月23日(木)
会  場 日本電子計算株式会社名古屋支店 セミナールーム
愛知県名古屋市千種区大久手町7-26-1

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「データ保全ソリューションセミナー」の続きが読めます

データ保全ソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「データ保全ソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ワークフロー」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ワークフロー」関連情報をランダムに表示しています。

「ワークフロー」関連の製品

大企業・中堅企業向け エンタープライズ ワークフロー MAJOR FLOW Z 【パナソニック ネットソリューションズ】 intra-mart ワークフロー 【NTTデータ イントラマート】 Webワークフローソフトウェア『MajorFlow』 【パナソニック ネットソリューションズ】
ワークフロー ワークフロー ワークフロー
申請処理を始め、あらゆる業務プロセス処理の基盤に活用することができるワークフローソフトウェア。多彩な外部システムとの連携も可能。 9年連続・国内シェアNo.1のワークフロー基盤。数十万人規模でも利用できるワークフロー基盤でありながら、部門の業務改善にも使える手軽さが特徴。 申請/承認の決裁だけではなく、「経費精算」における仕訳や計上処理、「勤怠」における集計など、業務改善を図る「ビジネスリフォーム機能」満載のワークフローシステム。

「ワークフロー」関連の特集


「ワークフローを他ツールと連携し業務効率化を図りたい!」そんな企業に応え、連携効果の高いツール・シス…



 前回(第1回)は申請・承認ワークフローが必要な根本的な理由を整理し、手書きの帳票及びExcelファ…



第2次ワークフローブーム到来!内部統制、コンプライアンスに有効な、最新ワークフローツールの活用方法を…


「ワークフロー」関連のセミナー

Notes運用でお困りのお客様 必見!セミナー 【主催:NTTデータビジネスシステムズ/共催:エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】  

開催日 5月26日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

グループウェアの代表格であるLotus Notesをご利用のお客様において、ガバナンス上の懸念や維持運用コスト増加、Notes技術者不足など、色々な課題をご相談…

設計変更、作業指示、業務を効率化する朱書きの電子化とは? 【オーシャンブリッジ】  

開催日 5月19日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、国内のお客様の事例を基に、PC、iPadを活用し、簡単に「朱書きの電子化」を実現する方法をご提案します。<こんな方におすすめです!>・設計変更通…

使いやすさで選ばれるワークフロー 【インフォテック】  

開催日 5月12日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

「紙運用の申請業務を効率化したい」「ワークフローシステムっていろいろあるけど、自分たちにピッタリ合う製品はどれ?」とお悩みの方、必見!成功するワークフロー選定の…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

データ保全ソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「データ保全ソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038425


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > ワークフロー > ワークフローのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ