商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/06/09

商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー


コムチュアマーケティング


商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナーのセミナー概要 商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナーのプログラム 商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナーの申込み



開催日時

2011年7月7日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2011年7月6日(水)
会  場 ゲートシティ大崎イーストタワー9階 コムチュア株式会社
東京都品川区大崎1-11-2 
大崎駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO

会員限定で「商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー」の続きが読めます

商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 【Sansan】 コールセンター向けCRMソフト inspirX 5(インスピーリファイブ) 【バーチャレクス・コンサルティング】 顧客対応を行う担当者の業務を効率化しながら、対応品質も上げていくには? 【バーチャレクス・コンサルティング】
CRM CRM CRM
新規契約取引数30%以上アップ 先進企業は「数十万枚の名刺」をこう使う 電話/メール/Web/SMSなどのマルチチャネルに対応したCRMソフトウェア。LINE連携や外部システム連携から得られるマーケティングデータの活用を促進する機能を強化。 顧客対応の現場のノウハウで作られた“痒いところに手が届く”CRM製品とは?

「CRM」関連の特集


CRMの力を100%引き出すには、導入前にどのような準備を整える必要があるのでしょうか。今回はCRM…



2016年度は523億円の市場規模だったCRM市場。SaaSへの注力度が高まる中、SaaS占有率1位…



多くのベンダが参入し、巷をにぎわす「SaaS」狂想曲。しかしその実態とは?今回は2回連載でユーザと市…


「CRM」関連のセミナー

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】  

開催日 3月9日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

テクマトリックス CRM FORUM 2018 【テクマトリックス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

日本最大級のコンタクトセンター関係者向けイベント「テクマトリックス CRM FORUM 2018」を、2018年2月23日(金)、2018年3月9日(金)に大阪…

Microsoft Dynamics365ハンズオンセミナー 【カコムス】 締切間近 

開催日 2月23日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

大変ご好評頂いておりますOffice365/Dynamics365/Microsoft Azure/SharePoint Onlineハンズオンセミナーを、2月…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「商品作りに専念して業績を上げる仕組み大公開セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50038351


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ