CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/05/11

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』


日本CA


CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』のセミナー概要 CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』のプログラム CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』の申込み



開催日時

2011年5月18日(水) 14:30〜17:30|申込み締切 2011年5月18日(水)
2011年5月19日(木) 09:30〜12:30|申込み締切 2011年5月19日(木)
会  場 CA Technologiesミーティングルーム
東京都新宿区西新宿2-1-1 新宿三井ビル39F
JR :「新宿駅」西口より徒歩5分
地下鉄:丸の内線・都営新宿線「新宿駅」より徒歩5分
     大江戸線「都庁前駅」より徒歩1分
私鉄 :京王線・小田急線・西武新宿線「新宿駅」より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』」の続きが読めます

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは 【クエスト・ソフトウェア】 NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは? 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 高速・安定したバックアップインフラを低コストで構築する方法とは NTTデータグループがバックアップの大改革で得た4つのメリットとは?

「バックアップツール」関連の特集


きちんとできていることが大切なバックアップ。でも、評価されにくい作業の 1つではあります。だからこそ…



 素晴らしい頭脳により、10年ごとに、ITの世界に変革が起きています。コンシューマテクノロジではもち…



データのバックアップはとても重要な事と位置づけられるべきものです。そんな作業を支援する心強い味方!バ…


「バックアップツール」関連のセミナー

TBクラスの大容量データベースを短時間で移行する スゴ技 【ワイ・ディ・シー】  

開催日 12月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

近年、大容量のデータベースを、クラウド等の新環境に、短時間で移行したいといったニーズが増大しています。本セミナーでは、弊社製品であるStandby Expres…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CA ARCserve Backup ハンズオントレーニング 『入門コース』」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037731


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ