IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/05/11

IT運用プロセス改善セミナー


野村総合研究所


IT運用プロセス改善セミナーのセミナー概要 IT運用プロセス改善セミナーのプログラム IT運用プロセス改善セミナーの申込み



開催日時

2011年6月9日(木) 15:00〜17:00|申込み締切 2011年6月7日(火)
会  場 ハービスPLAZA5F貸会議室
大阪府大阪市北区梅田2-5-25
阪神「梅田駅」西改札より、徒歩すぐ
阪急「梅田駅」より、徒歩約12分
JR「大阪駅」桜橋口より、徒歩約2分
JR東西線「北新地駅」西改札より、徒歩約4分
地下鉄四つ橋線「西梅田駅」北改札より、徒歩すぐ

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「IT運用プロセス改善セミナー」の続きが読めます

IT運用プロセス改善セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT運用プロセス改善セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? 【Veeam Software japan】 OSSによるインフラ構築の悩みを解消し、アプリ開発に専念する秘策とは 【エヌ・ティ・ティ・ソフトウェア】 IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
徹底調査:あなたの企業は24時間365日の可用性を実現できている? オープンソースソフトウェア(OSS)がさまざまなシステムの基盤として使われているが、OSS同士の相性に起因する問題は解決が難しい。頼れる専門家はいないだろうか。 IoT活用最前線――製造現場に新たな安全管理を、IoTで変わる現場

「統合運用管理」関連の特集


クラウドファーストが浸透し導入が進む中で直面する運用管理の問題。オンプレミスとクラウドの混在環境で異…



企業システムの運用を影で支えるツールとして、今やあらゆる企業で必須の存在となった統合運用管理製品。長…



システム自身がトラブルに対応する夢の運用技術「自律運用」。その実現技術は確実に進歩しています。今回は…


「統合運用管理」関連のセミナー

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 注目 

開催日 3月24日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

ITサービスマネジメント(ITILファンデーション)試験対策研修 【IT&ストラテジーコンサルティング】  

開催日 3月27日(月)〜3月28日(火)   開催地 東京都   参加費 有料 9万9900円(税込)

本研修は、ITサービスマネジメントとそのベストプラクティスであるITILの概要を2日間かけて学習していただき、世界共通資格であるITIL ファンデーション資格を…

JP1ジョブ管理製品の最適な導入設計! 【主催:アシスト】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜アシスト技術が導入設計フェーズで押さえるポイントを惜しみなく公開〜JP1は非常に多くの機能をもっているがゆえに、パラメータ設計にある程度の経験やノウハウが必要…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT運用プロセス改善セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT運用プロセス改善セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037712


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ