IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/05/11

IT運用プロセス改善セミナー


野村総合研究所


IT運用プロセス改善セミナーのセミナー概要 IT運用プロセス改善セミナーのプログラム IT運用プロセス改善セミナーの申込み



開催日時

2011年6月3日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2011年6月2日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター(本社)8F
東京都千代田区丸の内1-6-5
・JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分
・地下鉄東西線 大手町駅 徒歩2分
・地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分
(地下鉄の出口:B4出口またはB2c出口)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「IT運用プロセス改善セミナー」の続きが読めます

IT運用プロセス改善セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT運用プロセス改善セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

IoTで製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 【富士通】 オンプレミスと同じように安定かつ安全に運用できるクラウド導入 【F5ネットワークスジャパン】 統合監視ツール Integrated Viewer for Zabbix 【ヴィンクス】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
IoTで事故発生を迅速把握――製造現場の安全管理はどのように変わるのか? 企業のマルチクラウド導入が急速に進んでいる。しかし、その導入では正常に動いていたオンプレミスとどれだけ同じように安定かつ安全に運用できるかが管理者の悩みとなる。 オープンソースの監視ツールとして高いシェアを誇る Zabbixに、ヴィンクスが独自の機能を追加。
オープン系、IBMi、クラウドなど、多種多様な環境を低コストで一元監視。

「統合運用管理」関連の特集


クラウドコンピューティングの進展やフラッシュストレージなど新たなストレージの台頭により、ストレージ環…



 ICT運用品質の把握は、従来あまり意識されておらず、コントロールもされてこなかった。しかしより正確…



ITILソリューションとしての地位を確立しつつある統合運用管理ツール。今回は「ITIL」の基礎と、統…


「統合運用管理」関連のセミナー

クラウドの『プライベート化』戦略 最前線 【ブロードバンドタワー】 注目 

開催日 3月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、自社の業務やビジネスに最適化した、真の意味で「プライベート化」されたインフラづくりをテーマに各界のトップエンジニアより最新テクノロジーの活用術を…

JP1ジョブ管理製品の最適な導入設計! 【主催:アシスト】  

開催日 4月18日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

〜アシスト技術が導入設計フェーズで押さえるポイントを惜しみなく公開〜JP1は非常に多くの機能をもっているがゆえに、パラメータ設計にある程度の経験やノウハウが必要…

IBM テクノロジー・サポート・サービス 特別セミナー 【日本アイ・ビー・エム】 締切間近 

開催日 3月2日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、テクノロジーの進化とともに、多くの企業において ITの役割は重要な転換期を迎えており、事業に貢献する「攻めの IT」重視へとシフトしています。これを実現す…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT運用プロセス改善セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT運用プロセス改善セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037711


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ