LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ

IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/05/07

LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ


LG Electronics Japan/トリワークス


LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライのセミナー概要 LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライの申込み



開催日時

2011年5月11日(水) 13:00〜15:00|申込み締切 2011年5月9日(月)
2011年5月11日(水) 16:00〜18:00|申込み締切 2011年5月9日(月)
会  場 新梅田研修センター Bタイプ
大阪府大阪市福島区福島6-22-20
・JR線「大阪駅」(桜橋口)徒歩12分
※シャトルバス有

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

プログラマ

会員限定で「LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ」の続きが読めます

LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「タブレット」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「タブレット」関連情報をランダムに表示しています。

「タブレット」関連の製品

徹底レビュー:Windows 10の新機能でクライアント環境がこう変わる 【ヴイエムウェア】
タブレット
徹底レビュー:「Windows 10」の新機能でクライアント環境はこう変わる

「タブレット」関連の特集


2011年度は対前年比228.6%増の1150億円規模に達すると予測されるタブレット端末市場。iOS…



“ワークスタイルの変革”に必要だった意識改革や制度設計などについて、その具体的な施策内容と効果ポイン…



2015年第3四半期は前年同期比2%増の209万台だった同市場。前年比1.2%減を落としたものの、高…


「タブレット」関連のセミナー

iOSを利用した業務システム アプリ作成体験セミナー 【ファイルメーカー】 締切間近 

開催日 11月19日(土),11月25日(金),12月16日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

FileMaker Go は App Store から無料でダウンロードでき、カスタム App を iPad と iPhone 上で実行できます。FileMak…

Apple Configurator 2の新機能&Mac個別設定支援ツールのご紹介 【三谷商事】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

2016年9月にバージョン2.3がリリースされるなど、様々な新機能が追加されたApple Configurator 2の有効活用法や、弊社が独自に開発したMac…

ブラック会議を退治せよ! 【内田洋行】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

「会議資料の準備に時間がかかる」「資料の印刷に膨大な費用がかかる」「とにかく長い!」など、新しいビジネスアイディアの創出や、戦略策定など、限られた時間で結論を出…

「スマートデバイス」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「LG Electronics「Optimus Pad L-06C」タッチ&トライ」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037627


IT・IT製品TOP > スマートデバイス > タブレット > タブレットのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ