IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/05/03

『StiLL』事例研究フォーラム


アイエルアイ総合研究所


『StiLL』事例研究フォーラムのセミナー概要 『StiLL』事例研究フォーラムのプログラム 『StiLL』事例研究フォーラムの申込み



開催日時

2011年5月20日(金) 13:30〜17:00|申込み締切 2011年5月19日(木)
会  場 日本ユニシス本社 セミナールーム
東京都江東区豊洲1-1-1
有楽町線豊洲駅下車(2番出口)徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

35名
こんな方にオススメ

経営者CIO |プログラマ|システムの設計・運用
参加者プレゼント
参加者全員に「StiLL-X」ハウツーテンプレート『定期コンタクトメール体験版』を差し上げます。

会員限定で「『StiLL』事例研究フォーラム」の続きが読めます

『StiLL』事例研究フォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】
BI BI BI
海外拠点のトレンドが一目でわかる衝撃。 役員が思わず使いたくなる分析ツール 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。

「BI」関連の特集


錦織圭選手の試合データの分析結果は?福原愛選手の打球の軌跡は?業務部門がメインユーザーであるセルフサ…



業務や経営に役立つ大量のデータを保存していながらも、これらのデータを寝かせている企業は以外と多いよう…



「一太郎」や「ATOK」を筆頭に、現在では各種集計・検索ソリューション、更にはBI製品なども展開して…


「BI」関連のセミナー

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 3月10日(金)   開催地 愛知県   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

Cloud解析 powered by Tableau ハンズオンセミナー 【JBCC】  

開催日 3月17日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ビジネスにおいて欠かせないものになった、データ解析。「Cloud解析 powered by Tableau」を利用して、レポート作成における膨大な時間や工数を削…

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 2月8日(水),2月23日(木),3月8日(水),3月23日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『StiLL』事例研究フォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037617


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ