IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/04/08

ERPユーザのためのハイブリッド開発


キヤノンソフトウェア/日本アイ・ビー・エム


ERPユーザのためのハイブリッド開発のセミナー概要 ERPユーザのためのハイブリッド開発のプログラム ERPユーザのためのハイブリッド開発の申込み



開催日時

2011年4月22日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2011年4月21日(木)
会  場 キヤノンマーケティングジャパン株式会社 大阪支店 梅田ダイビル 18階 『第2セミナールーム』
大阪府大阪市北区梅田3-3-10
地下鉄四つ橋線  西梅田駅  徒歩約5分
阪神電鉄      梅田駅   徒歩約3分
地下鉄御堂線   梅田駅   徒歩約8分
JR          大阪駅   徒歩約8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO
参加者プレゼント
キヤノン ロゴ入りボールペン


セミナー概要

コスト削減に効く SOAソリューションセミナー


ERP導入企業様が直面する 「パッケージに合わせるか、カスタム開発で対応するか」という課題に対する解決法を事例を交えてご紹介します。本セミナーでは、キヤノンMJグループで導入してきた事例を中心に、その中で活用したハイブリッド開発ソリューションをご紹介いたします。ハイブリッド開発とは、システム化対象を、コア業務、ノンコア業務に分類し、それぞれの業務開発に最適なソリューションで開発する手法です。これらソリューションの適用方法と、なぜ総合コストを下げられたのかに迫ります。
また、第三部では日本アイ・ビー・エム株式会社様より、「ERPユーザ様におけるSOA/BPMによるコスト削減」と題しまして、国内外の事例をベースに、コスト削減に効くSOA/BPM の適用パターンについてご紹介いただきます。
皆様の業務改善の一助となれば幸いでございます。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2011/04/22
14:05〜15:05

【第1部】ハイブリッド開発の具体的な手法

ハイブリッド開発におけるノンコア業務を対象とした「Web Performer」の有効活用と、コア業務を対象としたスクラッチ開発(「フレームワーク」の活用)をデモンストレーションを交えてご紹介します。
講師 高橋嘉文
キヤノンソフトウェア株式会社 開発ツール事業推進課
課長
2011/04/22
15:15〜16:00

【第2部】ハイブリッド開発事例紹介

キヤノンマーケティングジャパンにおいて、過去に取り組んできた経緯、現在の姿、そして今後のあるべき姿まで、実践してきた経験とノウハウを惜しげもなくご紹介します。
講師 高田広
キヤノンソフトウェア株式会社 技術企画部
部長
2011/04/22
16:00〜16:45

【第3部】ERPユーザにおけるSOA/BPMによるコスト削減

多くのERPユーザ様において、大量のカスタマイズによって、その維持コストの増加と同時に、ビジネスニーズの変化に柔軟に対応できないという課題を抱えていらっしゃいます。日本においてもこのような課題の解決策としてSOA/BPMを適用するお客様が増えてきました。本セッションでは国内外の事例をベースに紹介しながら、適用のパターンについてご説明いたします。
講師 吉田洋一
日本アイ・ビー・エム株式会社 WebSphere事業部 
BPMエバンジェリスト

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


キヤノンソフトウェア株式会社
住 所 : 大阪市中央区博労町2丁目2番13号
TEL : 06-7711-5851
FAX : 06-7711-5856
e-mail : sol_west@canon-soft.co.jp
URL : http://www.canon-soft.co.jp


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037267


IT・IT製品TOP > 情報システム > BPM > BPMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ