IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/04/05

WebFOCUSハンズオンセミナー


アシスト


WebFOCUSハンズオンセミナーのセミナー概要 WebFOCUSハンズオンセミナーの申込み



開催日時

2011年5月24日(火) 13:30〜17:00|申込み締切 2011年5月22日(日)
会  場 梅田センタービル28階 株式会社アシスト 西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「WebFOCUSハンズオンセミナー」の続きが読めます

WebFOCUSハンズオンセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「WebFOCUSハンズオンセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

汎用データ解析/統計解析ソフトウェア「S-PLUS」 【NTTデータ数理システム】 Webレポーティングソリューション 「CROWNIX Report & ERS」 【日本エムツーソフト】 高度なセルフBI:オラクルのデータ可視化サービス 【日本オラクル】
BI BI BI
世界で20年以上の実績と信頼性を誇るデータ解析ソフトウェア。高度なデータ解析と手軽で豊富なグラフィック機能を兼ね備えている。 業務帳票、管理帳票から半定型分析レポートまでカバーする出力ツール。DB環境は問わず、様々なデータソースと連携できBIツールのような検索・抽出も可能。出力形式も多様。 特別なスキル不要で業務部門でも手軽に使えるクラウド型のデータ可視化サービス。
データを組み合わせ高度な分析ができる上、スモールスタートしやすいライセンス体系。

「BI」関連の特集


導入の失敗事例が少なくないBIツール…。失敗に陥らないためのソリューションやアドバイスを紹介します。



クラウド時代に問い直される情シス部門の存在価値。「データサイエンティスト」の役割を担うことで拓ける情…



宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…


「BI」関連のセミナー

マイクロストラテジー・アナリティクス・アーキテクチャ説明会 【マイクロストラテジー・ジャパン】  

開催日 3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

現場で活躍する弊社エンジニアがMicroStrategy製品の機能を包括的にご紹介するハンズオン体験つきのセミナーです。本セミナーでは、多様な分析要件に対応する…

BIツールを活用!「DragonFly BI」使い方 無料セミナー 【グレープシティ】  

開催日 3月17日(金)   開催地 埼玉県   参加費 無料

セルフサービスBIツール「DragonFly BI(ドラゴンフライ ビーアイ)」はシンプルな操作と機能で、Excel感覚で利用できます。 本セミナーでは実際に、…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 3月2日(木),3月9日(木),3月16日(木),3月23日(木),3月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

WebFOCUSハンズオンセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「WebFOCUSハンズオンセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037230


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ