Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/04/05

Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜


パナソニック電工インフォメーションシステムズ


Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜のセミナー概要 Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜のプログラム Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜の申込み



開催日時

2011年4月22日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2011年4月22日(金)
会  場 アプローズタワー16F パナソニック電工インフォメーションシステムズ セミナールーム
大阪府大阪市北区茶屋町19-19 
●JR大阪駅御堂筋出口より徒歩10分
●地下鉄御堂筋線中津駅4番出口より徒歩4分
●阪急梅田駅茶屋町出口より徒歩6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜」の続きが読めます

Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 【日本マイクロソフト】 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 【日本マイクロソフト】 5カ国5000人へのグローバル調査で判明、いま「顧客サービス」に期待されるもの 【日本マイクロソフト】
CRM CRM CRM
エース級セールス担当になるための「リレーションシップセリング」活用ガイド 企業収益に影響大、営業・マーケティング間の「5つのギャップ」を解決する方法 5カ国5000人へのグローバル調査で判明、いま「顧客サービス」に期待されるもの

「CRM」関連の特集


 第1回では、企業にとってベストな形は「顧客に選ばれること」で、そのためには顧客を正しく理解し、適切…



営業力やマーケティング力を向上するためのマーケティング支援ツールの導入状況を調査。前編では「CRM」…



「GDPR」への対応はお済みだろうか? 2018年5月より適用されるEUの一般データ保護規則だが、そ…


「CRM」関連のセミナー

修理・保守業務プロセス効率化セミナー 【主催:内田洋行/共催:エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】 締切間近 

開催日 4月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

修理・保守等のアフターメンテナンス業務は顧客満足度を左右する重要なファクターです。しかしながら、修理や保守業務は、販売・生産・購買業務と比較しプロセス全体が担当…

Dynamics 365【初級者向け 無料ハンズオンセミナー】 【カコムス】  

開催日 5月25日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

ご好評いただいていますOffice 365/SharePoint/Azureハンズオンセミナーが2018年4月よりMicrosoftゼミナールにリニューアル!更…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Salesforce活用セミナー〜データ連携で実現する業務改善〜」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037221


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ