CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/03/30

CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング


日本CA


CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニングのセミナー概要 CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニングのプログラム CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニングの申込み



開催日時

2011年4月21日(木) 10:00〜12:30|申込み締切 2011年4月21日(木)
会  場 CA Technologies 大阪支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区堂島浜1-4-16 アクア堂島西館17F
地下鉄西梅田駅より徒歩7分※「7-B出口」が便利です
JR大阪駅より徒歩10分
JR東西線北新地より徒歩7分
地下鉄肥後橋より徒歩9分※「1-A出口」が便利です
阪神梅田駅より徒歩9分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

16名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング」の続きが読めます

CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合DB環境の運用効率化に「Zero Data Loss Recovery Appliance」は使えるか? 【日本オラクル株式会社】 鋭い人は気付いている「Office 365でもバックアップは必要」、その実現方法とは? 【arcserve Japan】 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは 【日本オラクル株式会社】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
統合DB環境の運用効率化に「Zero Data Loss Recovery Appliance」は使えるか? 「クラウドサービスならバックアップは不要」と思っていないだろうか。特にOffice 365ではその“誤解”がある。バックアップが必要な理由と選定すべき製品を紹介しよう。 KDDIエボルバが実現 専門家が不要な効率的DB基盤リプレースとは

「バックアップツール」関連の特集


データのバックアップはとても重要な事と位置づけられるべきものです。そんな作業を支援する心強い味方!バ…



大量の仮想マシンが並ぶ環境を効率よくバックアップするには? 運用の極意とリカバリーの新技術を紹介。



 2014年4月8日(日本時間2014年4月9日)をもって、マイクロソフト社は広く使用されていたWi…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 11月8日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「CA ARCserve D2D r15無償ハンズオントレーニング」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037148


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ