IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 熊本県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/03/29

テクノアートカレッジセミナー


テクノアート


テクノアートカレッジセミナーのセミナー概要 テクノアートカレッジセミナーの申込み



開催日時

2011年4月28日(木) 13:30〜16:30|申込み締切 2011年4月27日(水)
会  場 くまもと県民交流館 パレア 9F 会議室 2
熊本県熊本市手取本町 8番 9号 テトリアくまもとビル
・ 市電「水道町」又は「通町筋」電停下車 ・ 熊本市営バス、九州産交バス、熊本電鉄バス「水道町」又は「通町筋」バス停下車

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「テクノアートカレッジセミナー」の続きが読めます

テクノアートカレッジセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「テクノアートカレッジセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

レンタルPCの管理業務を3分の1に――事例に学ぶサービス選び 【ディーアールエス】 FlexNet Manager Suite for Enterprises 【フレクセラ・ソフトウェア】 ライセンス管理ソリューション 【日立ハイテクソリューションズ】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
膨大なレンタルPC2000台以上の運用管理――情シスはどう解決したか【事例】 資産活用の最大化、コストの最小化、ライセンスコンプライアンスの遵守を実現できる企業向けソフトウェアライセンス管理・最適化ソリューション。 どのPCにどの契約のソフトウェアがインストールされているかを、低コストで可視化できるライセンス管理システム。

「IT資産管理」関連の特集


 前回の最後において、電子ファイルの仕分け、棚卸しに対する悩みを抱えている企業が増えている、という話…



導入済み企業も多い「IT資産管理ツール」。でも、非合理な投資の増加、運用管理が複雑に…など使いこなせ…



IT資産の「見える化」から、情報漏洩の原因となるWinny対策、クライアントPCの新規導入をスムーズ…


「IT資産管理」関連のセミナー

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月6日(月)   開催地 愛知県   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 1月31日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

ランサムウェア被害をAIを使ったエンドポイントで防御! 【エムオーテックス/Cylance Japan】 注目 

開催日 2月8日(水)   開催地 大阪府   参加費 無料

昨年発生した米連邦政府の人事管理局(OPM)から2150万人もの職員情報が流出した事件について、今年9月に報告書が公開されました。そこには流出を発見できた経緯と…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

テクノアートカレッジセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「テクノアートカレッジセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50037124


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ