IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/02/26

『StiLL』事例研究フォーラム


アイエルアイ総合研究所


『StiLL』事例研究フォーラムのセミナー概要 『StiLL』事例研究フォーラムのプログラム 『StiLL』事例研究フォーラムの申込み



開催日時

2011年3月18日(金) 13:30〜17:00|申込み締切 2011年3月17日(木)
会  場 東京国際フォーラム ガラス棟 6階 G605会議室
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
JR有楽町駅より徒歩1分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |プログラマ|システムの設計・運用
参加者プレゼント
参加者全員に「StiLL-X」ハウツーテンプレート『フォルダー・ファイル共有メニュー』を差し上げます。

会員限定で「『StiLL』事例研究フォーラム」の続きが読めます

『StiLL』事例研究フォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか(Actionista!) 【ジャストシステム】 汎用データマイニングツール「Visual Mining Studio」 【NTTデータ数理システム】 「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説 【Tableau Japan】
BI BI BI
BIの新たな進展:BI製品ベンダーは、次の波をどうつかもうとしているか 日本発の本格汎用データマイニングツール。データ処理の流れをアイコン表示する直感的でビジュアルプログラミング環境を提供。1000万件以上のデータにも余裕で対応する。 「セルフサービスBI」移行ガイド:プラットフォーム選定の基準を徹底解説

「BI」関連の特集


ミック経済研究所の調べによると、2007年度の出荷金額は8%増と、堅調な伸びが見込まれているデータマ…



脱Excelとは、Excelでの業務運用が抱えていた課題を、業務に特化したツールを導入し解決すること…



ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…


「BI」関連のセミナー

特長も操作もハッキリ分かる!中堅中小企業向けBI紹介セミナー 【エヌジェーケー】  

開催日 4月17日(火),5月8日(火),5月22日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

DataNature Smartは…現場担当者や経営者それぞれのニーズに応じたアドホックなデータ活用から定型的な分析・集計までを、ボタンをクリックするだけの簡単…

BIツール・BOARD体験セミナー 【日本ラッド】  

開催日 5月24日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

初めてBIツールを検討される方へ求めているBIツールが見つからない方へ既存のBIツールにご満足されていない方へBIツール・BOARDを使って、もっと自由に!もっ…

Let's Start Microsoft Power BI 【大塚商会】  

開催日 4月20日(金),5月18日(金),6月15日(金)   開催地 大阪府   参加費 有料 2万7000円(税込)

【研修コースの目的】マイクロソフトが提供するPower BIを利用して社内データ視覚化などBI(ビジネスインテリジェンス)を始められる方が、無償ツールのPowe…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『StiLL』事例研究フォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036862


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ