IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/02/23

IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする


日本ヒューレット・パッカード


IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートするのセミナー概要 IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートするの申込み



開催日時

2011年3月8日(火) 14:30〜17:00|申込み締切 2011年3月7日(月)
2011年4月22日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 2011年3月29日(火)
会  場 日本ヒューレット・パッカード株式会社 市ヶ谷本社
東京都千代田区五番町7
JR総武線: 市ヶ谷駅 下車 徒歩3分
東京メトロ: 有楽町線、南北線(出口:2番/3番) 徒歩3分
都営地下鉄: 新宿線(出口:A2番)徒歩3分 (A3出口ではありません)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする」の続きが読めます

IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


IT担当者1005人を対象に「企業における東日本大震災の影響」を調査。被災状況やIT予算見直しの有無…



※ITIL is a Registered Trade Mark of the Cabinet Of…



巷を賑わす「グリーンIT」。ベンダ各社から提言が相次ぐ中、ユーザ企業が取るべき施策とは?グリーンIT…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

エンタプライズ・アプリケーション戦略サミット 2017 【ガートナー ジャパン】 注目 

開催日 3月16日(木)〜3月17日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 10万4000円(税別)

モバイル、クラウド、ソーシャル、インフォメーション、IoTといったデジタル・テクノロジの革新は、これから未来にかけて起こることではない。今日、既に起きていること…

運用自動化体験セミナー 【主催:アシスト】  

開催日 4月13日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

定常監視やメンテナンス等の定型業務、依頼や障害に対する対応作業が、仮想技術の定着にともない増加しております。運用業務の効率化、作業品質の向上がより一層求められて…

今検討すべきアプリケーション性能管理とは 【主催:アシスト】  

開催日 4月12日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Webサービスの利便性はユーザ満足度に大きく影響しますが、特にアプリケーション性能は重要な要素です。しかしWebサイトの性能に問題があったとしてもお客様は何も教…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT運用のベストプラクティス“ITIL”をサポートする」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036747


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ