IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/02/18

IT組織/情報子会社様向けセミナー


ビーコンインフォメーションテクノロジー


IT組織/情報子会社様向けセミナーのセミナー概要 IT組織/情報子会社様向けセミナーのプログラム IT組織/情報子会社様向けセミナーの申込み



開催日時

2011年3月16日(水) 14:00〜19:00|申込み締切 2011年3月16日(水)
会  場 エステック情報ビル 株式会社ビーコンIT 東京本社 17階セミナールーム 
東京都新宿区西新宿1-24-1
●JR新宿駅 西口から地下通路を都庁方面へ徒歩5分
●都営地下鉄大江戸線 都庁前駅 A1出口から地下通路を JR新宿駅方面へ徒歩1分
地下通路からエステック情報ビルへ直通

地図はこちら
参加費

有料 5000円(税込)
定 員

20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括

会員限定で「IT組織/情報子会社様向けセミナー」の続きが読めます

IT組織/情報子会社様向けセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「IT組織/情報子会社様向けセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「統合運用管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「統合運用管理」関連情報をランダムに表示しています。

「統合運用管理」関連の製品

クラウド活用の課題1位は運用管理、複数ベンダー混在環境を管理するコツは? 【日本アイ・ビー・エム株式会社】 テスト環境を数秒で構築、AWS環境で実践する継続的インテグレーション 【レッドハット】 ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月) 【アイティメディア】
統合運用管理 統合運用管理 統合運用管理
クラウド活用の課題1位は運用管理、複数ベンダー混在環境を管理するコツは? テスト環境を数秒で構築、AWS環境で実践する継続的インテグレーション ITインフラの運用管理に関するアンケート(2017年7月)

「統合運用管理」関連の特集


日本のIT運用管理は今、何をどう変えるべきでしょうか。ITILを元にヘルプデスクに注目して今後目指す…



企業システムの運用管理業務を効率化することを目的に導入が進んだ統合運用管理ツール。その基礎から最新動…



「『会社に14時間いて頑張りました』ということがお客さまの満足度につながるわけではない」と話すヴイエ…


「統合運用管理」関連のセミナー

ユーザーからの「何か遅い」その原因を特定する仕組みと手順 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 12月19日(火),1月19日(金),3月22日(木)   開催地 神奈川県   参加費 無料

この手のツールの新規導入・乗り換えを検討中だけど...●どれくらいの費用感で何をどこまでできるのか知りたい●導入実績や製品の強みを知りたい●どのような手順で障害…

運用改善事例セミナー 【野村総合研究所】 注目 

開催日 12月15日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

ITシステムは所有から利用への流れが加速しています。運用部隊においては、システムを受け入れて安定運用するという役割が更に深化し、より積極的なITサービスマネジメ…

Active DirectoryのID管理、管理者の残業を減らす仕組みとは 【テクラス/ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月16日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

いつの時代も情報システム部門は日々多くのタスクに追われています。テクノロジーの進歩や会社の成長に合わせて、専門として習得しなくてはならない範囲も拡大し、難易度は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

IT組織/情報子会社様向けセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「IT組織/情報子会社様向けセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036717


IT・IT製品TOP > 運用管理 > 統合運用管理 > 統合運用管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ