商社・卸売業様向け 販売管理・会計セミナー

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/02/15

商社・卸売業様向け 販売管理・会計セミナー


日立ソリューションズ


商社・卸売業様向け 販売管理・会計セミナーのセミナー概要 商社・卸売業様向け 販売管理・会計セミナーのプログラム 商社・卸売業様向け 販売管理・会計セミナーの申込み



開催日時

2011年3月11日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 2011年3月10日(木)
2011年4月15日(金) 14:30〜17:00|申込み締切 2011年4月14日(木)
会  場 JR品川イーストビル20F セミナーホール
東京都港区港南2-18-1 JR品川イーストビル20F
JR「品川駅」直結、京浜急行「品川駅」直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|営業・販売


セミナー概要

「上流工程」が成否を分ける、基幹システム再構築!


 時には相反する経営と現場の要求を、高い次元で解決することが求められる基幹システム再構築。この難関プロジェクトの遂行に苦労する情報システム部門は少なくありません。更に、昨今では、経営戦略を具現化するための施策の立案、遂行、経営へのフィードバックといった点が重要視されるようになり、情報システム部門に求められる役割は複雑化しています。

 このような数々の課題を乗り越え、企業の命運をかけた基幹システム再構築を成功に導くには、どのような視点やテクニックが必要なのでしょうか。また、他社の同プロジェクト成功の裏にはどのような課題解決のプロセスがあったのでしょうか。

 本セミナーでは、基幹システム再構築プロジェクト成功の鍵を握る、超上流と言われるシステム化計画から要件定義までのフェーズにフォーカスし、具体的なノウハウを解説。また、商社卸における事例を基に、要件定義の成功法を検証します。


詳しくはこちらをご覧下さい。

このページの先頭へ


プログラム

2011/03/11
14:35〜15:35

情報システム部門に求められる新たな役割〜超上流工程を成功させる6つの法則〜

 低迷する経済環境や国内市場の閉塞感を受けて、企業は従来の延長線上の戦略から脱却し、新たな競争優位性を創出するためにビジネス・イノベーショ ンを求めています。情報システム部門は、ユーザ部門とともに競争優位性を創造するパートナーとしての役割が期待されており、企業のイノベーションに貢献するために、超上流工程における的確な要求の掘り起こしと、将来動向を踏まえた技術シーズの能動的な提案を行っていくことが求められます。
 本講演では、イノベーションと企業ITの関わりを整理し、能動的な要求開発を実現するための方法を示唆します。
講師 内山 悟志
株式会社アイ・ティ・アール
代表取締役/プリンシパル・アナリスト
2011/03/11
15:50〜16:30

不定貫もサポート!基幹システム構築のポイント〜紙パルプ専門商社事例にみる、セミオーダー方式のメリット〜

 紙パルプをはじめ、石油・ガス、化学など、不定貫商品を扱う専門商社では、仕入・販売時の単位と在庫管理上での単位が異なるケースがあり、通常のERPパッケージ導入では大幅なカスタマイズの発生につながり兼ねません。当社では、同業態の企業での基幹システム構築経験を製品に反映することで、企業独自の業務を活かし、競争力を強化する販売管理システムの構築を支援しています。
 本講演では、不定貫商品取扱い企業の事例をご紹介し、経営強化に繋がる基幹システム構築のポイントを考察いたします。
講師 立石 寿郎
株式会社 日立ソリューションズ
産業・流通システム事業本部 第2産業・流通システム事業部 第3システム本部 本部長
2011/03/11
16:30〜17:00

基幹システム再構築を成功に導く、要件定義フレームワーク

 要件定義は、基幹システム構築プロジェクトの成否を左右する重要なフェーズである、という認識が深まっています。しかし同時に、関連部署すべての要求をまとめなければならない困難なフェーズでもあります。スケジュール遅延やプロジェクト中断などのリスクを避け、成功に導く手段はあるのでしょうか。 本講演では、スケジュール、コスト、要件の取り込みにおいて、お客様から高い評価を得ている、当社のフレームワークによる要件定義をご紹介。商社卸の事例を基に、実際の要件定義の進め方を解説し、成功の具体策を提示します。
講師 大原 聡一郎
株式会社 日立ソリューションズ
産業・流通システム事業本部 第2産業・流通システム事業部 第3システム本部 第1システム部 課長
2011/04/15
14:35〜15:35

基幹システムを成功へ導く『現状業務調査』の取組み方〜リスクの高い現場のExcelシートを一発整理する手法〜

 システム構築において重要なテーマである上流工程。様々な手法やツールが紹介される一方で、その取組みの有効性を判断することは難しいのが現状です。多くのケースでは、上流工程を行う上で、業務全体を俯瞰した『現状業務調査』ではなく、システム導入を目的とした限定的な現状調査を行っているため、新しいシステムが導入されても現場で使われているExcelシートは減らず、属人化されたノウハウが標準化されずに残ってしまう事態を招いています。
 本講演では、こうした上流工程の失敗を回避するために取組むべきポイントについて、実際のケースを紹介してご説明いたします。
講師 鍋野 敬一郎
株式会社フロンティアワン
代表取締役
2011/04/15
15:50〜16:30

不定貫もサポート!基幹システム構築のポイント〜紙パルプ専門商社事例にみる、セミオーダー方式のメリット〜

 紙パルプをはじめ、石油・ガス、化学など、不定貫商品を扱う専門商社では、仕入・販売時の単位と在庫管理上での単位が異なるケースがあり、通常のERPパッケージ導入では大幅なカスタマイズの発生につながり兼ねません。当社では、同業態の企業での基幹システム構築経験を製品に反映することで、企業独自の業務を活かし、競争力を強化する販売管理システムの構築を支援しています。
 本講演では、不定貫商品取扱い企業の事例をご紹介し、経営強化に繋がる基幹システム構築のポイントを考察いたします。
講師 立石 寿郎
株式会社 日立ソリューションズ
産業・流通システム事業本部 第2産業・流通システム事業部 第3システム本部 本部長
2011/04/15
16:30〜17:00

基幹システム構築を成功に導く、要件定義フレームワーク

 要件定義は、基幹システム構築プロジェクトの成否を左右する重要なフェーズである、という認識が深まっています。しかし同時に、関連部署すべての要求をまとめなければならない困難なフェーズでもあります。スケジュール遅延やプロジェクト中断などのリスクを避け、成功に導く手段はあるのでしょうか。 本講演では、スケジュール、コスト、要件の取り込みにおいて、お客様から高い評価を得ている、当社のフレームワークによる要件定義をご紹介。商社卸の事例を基に、実際の要件定義の進め方を解説し、成功の具体策を提示します。
講師 大原 聡一郎
株式会社 日立ソリューションズ
産業・流通システム事業本部 第2産業・流通システム事業部 第3システム本部 第1システム部 課長

このページの先頭へ


申込み


このセミナーはすでに終了しています。



掲載企業


株式会社日立ソリューションズ
住 所 : 東京都品川区東品川4丁目12番7号(日立ソリューションズタワーA)
TEL : 03-6718-5969
FAX : 03-6718-2602
URL : https://www.hitachi-solutions.co.jp/inquiry/


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036654


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 販売管理システム > 販売管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ