Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > その他 > オンラインセミナー > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/02/10

Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ


シマンテック


Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップのセミナー概要 Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップの申込み



開催日時

2011年2月9日(水)〜2011年8月9日(火)|申込み締切 2011年8月8日(月)
会  場 オンラインセミナー


参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|経営者CIO

会員限定で「Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ」の続きが読めます

Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

イメージバックアップ/リカバリー ActiveImage Protector 2016 -RE 【ラネクシー】 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 【日本アイ・ビー・エム】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【Commvault Systems Japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
稼働中のマシンでも高速・確実にディスク丸ごとバックアップできる。状況に応じて、簡単にディスク全体やファイルをリカバリーでき、さらに仮想化も3ステップで実装可能。 定期的なフルバックアップは永久に不要? データ保護の4大課題をまとめて解決 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。

「バックアップツール」関連の特集


脚光を浴びる「データ重複排除機能」とは!?バックアップ業務にお悩みの方にこそお届けしたい、最新の注目…



業務停止、株価暴落…大惨事に陥る前に!地震や火災、不正アクセスや人為的ミスなどのデータ損失に備えるバ…



 2015年6月、IPAがランサムウェアに関する注意喚起を促し、さらに同年末にvvvウィルスというラ…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector Virtual Edition実践セミナー 【ネットジャパン】 締切間近 

開催日 1月31日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protector 2018 Virtual Editionの実機を使った体験セミナーです。ActiveImage Protector …

ActiveImage Protector for Hyper-V Enterprise実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 1月24日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

Hyper-V仮想環境に最適なバックアップソフト、ActiveImage Protetor Hyper-V Enterpriseは、Microsoft社の仮想化…

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Backup Exec 2010での仮想環境のバックアップ」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036586


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ