IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/01/25

儲かるためのERP情報活用実践セミナー


富士通マーケティング/ウィングアークテクノロジーズ


儲かるためのERP情報活用実践セミナーのセミナー概要 儲かるためのERP情報活用実践セミナーのプログラム 儲かるためのERP情報活用実践セミナーの申込み



開催日時

2011年2月18日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2011年2月17日(木)
会  場 株式会社富士通マーケティング
東京都文京区後楽1-7-27 後楽鹿島ビル2階

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用

会員限定で「儲かるためのERP情報活用実践セミナー」の続きが読めます

儲かるためのERP情報活用実践セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「儲かるためのERP情報活用実践セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オープンソースBI「Pentaho」 【KSKアナリティクス】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI
大規模エンタープライズクラスはもちろん、小規模導入にも対応したオープンソースBI/BAツール。サブスクリプションモデルの料金体系により、低コストでの導入/運用が可能。 高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「BI」関連の特集


復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…



2010年度、数量2200本、207億円であった「BIツール」市場。数量ベースで34.1%を獲得し、…



ERP製品の動向に影響を受けるBIツール市場。自社ERP製品向けの需要が拡大しシェア32.9%を獲得…


「BI」関連のセミナー

予実管理、販売分析を実践! Qlik Sense 無料体験セミナー 【グランバレイ】  

開催日 10月13日(木),10月20日(木),11月10日(木),12月1日(木),12月22日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

Qlik Senseは、誰もが簡単にデータを統合し、分析し、表やグラフを作成できるセルフサービス型データビジュアライゼーションツールです。高度な機能もドラッグ&…

そろそろクラウド始めませんか?〜自社データを有効活用〜 【JBCC/Amazon Web Services Japan】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、ソリューション検討の際にクラウドを採用することがあたりまえとなっています。クラウドでは、様々なサービスを、必要なだけ、適正な価格で、しかもクイックスタート…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】 締切間近 

開催日 12月13日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

儲かるためのERP情報活用実践セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「儲かるためのERP情報活用実践セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036223


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ