アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて

IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2011/01/18

アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて


アラクサラネットワークス


アラクサラの考えるネットワークの未来に向けてのセミナー概要 アラクサラの考えるネットワークの未来に向けての申込み



開催日時

2011年2月15日(火) 14:30〜16:30|申込み締切 2011年2月14日(月)
会  場 ベルサール九段 ROOM4
東京都千代田区九段北1-8-10 住友不動産九段ビル4F
九段下駅 7番出口徒歩3分(東西線)
九段下駅 5番出口徒歩3分(半蔵門線・新宿線)
神保町駅 A2出口徒歩7分(半蔵門線・新宿線・三田線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

70名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |営業・販売|情報システム部の統括

会員限定で「アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて」の続きが読めます

アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ルーター」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ルーター」関連情報をランダムに表示しています。

「ルーター」関連の製品

VPN対応高速アクセスルータ 「UNIVERGE IXシリーズ」 【NEC】 インターネットVPNルーター 「FutureNet NXR-G200シリーズ」 【センチュリー・システムズ】 LTE通信モジュール内蔵 VPNルーター FutureNet NXR-G100 シリーズ 【センチュリー・システムズ】
ルーター ルーター ルーター
各種VPN網に対応する高速アクセスルータ。OpenFlow 1.3.1に対応した「SDN Ready」製品であり、将来のSDNへの移行もスムーズ。 無線(LTE)回線やWiFii対応で通信を二重化。通信にかかる負荷とコストを低減できる高性能VPNルーター。独自のFQDNルーティング機能を搭載し、ゼロコンフィグも実現可能。 LTE通信モジュール内蔵の企業向けVPNルーター。3大キャリア対応。M2M(Machine to Machine) / IoT(Internet of Things)に必要な耐環境性 / 高信頼性 / 低消費電力を備えている。

「ルーター」関連の特集


中堅・中小企業向けルータを取り巻く事情として挙げられる「二極化」ほか、4つのトレンドをご紹介!そのメ…



私は仕事柄、ユーザ事例で取材することが多く、年間で数十件の取材をするようになりました。今回は、私が事…



データを運ぶネットワーク機器「ルータ」の次世代のあるべき姿を探ります。ルータの基本機能と進化するLA…


「ルーター」関連のセミナー

ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー 【SCSK/ヤマハ】  

開催日 12月12日(火)   開催地 広島県   参加費 無料

ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

ヤマハ ネットワーク製品アップデートセミナー 【SCSK/ヤマハ】 締切間近 

開催日 12月15日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

ヤマハ ネットワーク製品 アップデートセミナーでは 普段よりネットワーク製品をご提案される方々を対象にネットワーク提案のヒントとなるような新製品情報や、新機能を…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「アラクサラの考えるネットワークの未来に向けて」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50036158


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ルーター > ルーターのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ