無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > その他 > オンラインセミナー > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/12/16

無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」


ファーストレーン


無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」のセミナー概要 無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」の申込み



開催日時

2011年1月13日(木) 15:30〜16:30|申込み締切 2011年1月7日(金)
会  場 オンラインセミナー


参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|ネットワークの設計・運用

会員限定で「無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」」の続きが読めます

無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

Acronis Backup 【アクロニス・ジャパン】 Commvault 統合データ保護/管理ソフトウェア 【CommVault Systems Japan】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
ディスクイメージング技術とベアメタル復元技術に基づいたディザスタリカバリとデータプロテクションを実現する統合ソリューション。物理/仮想の混在環境にも対応。 オンプレミス/クラウド環境で、物理/仮想サーバだけでなくノートPCのデータ保護も行え、バックアップ/アーカイブ/レプリケーション/スナップショットの統合管理ができる。 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか?

「バックアップツール」関連の特集


障害時に“やっててよかった”と実感するバックアップ。バックアップを効率よく行うためのツールの基本機能…



多忙を極める中小企業では、他業務を兼務しながら社内のIT業務を1人で行う“IT担当者”も少なくない。…



 素晴らしい頭脳により、10年ごとに、ITの世界に変革が起きています。コンシューマテクノロジではもち…


「バックアップツール」関連のセミナー

ActiveImage Protector Server Edition + ImageBoot実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月19日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorはシステムを稼働したままでも、止めた状態でも、高速にバックアップするために変更部分だけをバックアップする増分バックアッ…

ActiveImage Protector+vStandby AIP実践セミナー 【ネットジャパン】  

開催日 4月26日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ActiveImage Protectorのイメージファイルを復元作業なしで、即座に稼働できるインスタント・ディザスタリカバリソリューション「vStandby …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「無料:仮想インフラ管理者向け「VMwareバックアップ再入門」」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50035755


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ