IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/11/11

RFPを活用した最適なベンダーの選び方


イントリーグ


RFPを活用した最適なベンダーの選び方のセミナー概要 RFPを活用した最適なベンダーの選び方のプログラム RFPを活用した最適なベンダーの選び方の申込み



開催日時

2010年12月3日(金) 13:00〜15:00|申込み締切 2010年11月26日(金)
会  場 T's銀座
東京都中央区銀座5-5-14 GINZA GATES 8F〜11F
各線 銀座駅「B7・B5」出口より徒歩1分
JR山手線 有楽町駅「銀座口」より徒歩3分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

(各社2名まで)20名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「RFPを活用した最適なベンダーの選び方」の続きが読めます

RFPを活用した最適なベンダーの選び方」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「RFPを活用した最適なベンダーの選び方」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
業務システムからECサイトまで幅広く対応――受託型/ラボ型開発のメリットは? 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法

「その他開発関連」関連の特集


引き続き、「要件定義の進め方(3)」と題して、前回までにお話しさせていただいた要件定義フェーズをクロ…



ネットワークにおける信頼性向上対策のポイントとは?ルータやL2スイッチの障害発生時に有効となる機能を…



前回までのコラムでは、「なぜ」「だれが」「どのように」の3つ視点から、RFP(提案依頼書)作成の際の…


「その他開発関連」関連のセミナー

IT人材不足の中デジタルトランスフォーメーションを実現するには 【コウェル】  

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

・ビジョン・戦略が優れていても、技術者不足の状況では推進力を欠く既存のビジネスや社会基盤を「デジタルで組み替える」デジタル・トランスフォーメーションが、今後の企…

オフショアで開発する「AR/VR」 【主催:One Technology Japan/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【実用化が始まった、AR/VR】近年、AR/VRが注目されています。当初は、ゲームなどでの利用が中心でしたが、現在はビジネスでの利用も始まりつつあります。【不動…

多言語マニュアル品質のモヤモヤを解決する3つのポイント 【PFUテクニカルコミュニケーションズ】 締切間近 

開催日 11月30日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

多言語翻訳について、次のようなモヤモヤはありませんか?・多言語マニュアルの「品質」が本当に良いのかどうか不安・翻訳会社に任せっきりで、翻訳が上がってきても何を確…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

RFPを活用した最適なベンダーの選び方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「RFPを活用した最適なベンダーの選び方」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50035145


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ