IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/11/06

『StiLL』事例研究フォーラム


アイエルアイ総合研究所


『StiLL』事例研究フォーラムのセミナー概要 『StiLL』事例研究フォーラムのプログラム 『StiLL』事例研究フォーラムの申込み



開催日時

2010年11月17日(水) 13:30〜17:00|申込み締切 2010年11月16日(火)
会  場 日本ユニシス本社 セミナールーム
東京都江東区豊洲1-1-1
有楽町線豊洲駅下車(2番出口)徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

経営者CIO |プログラマ|システムの設計・運用
参加者プレゼント
参加者全員に「フォルダー・ファイル共有メニュー」を差し上げます。

会員限定で「『StiLL』事例研究フォーラム」の続きが読めます

『StiLL』事例研究フォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは 【アイエンター】 AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 【アイエンター】 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは? 【アイエンター】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
3種の具体例に学ぶ、成果を生み出せるアプリ開発のポイントとは AR/VR/MRをビジネスに生かすには? 良質なアプリを開発する秘訣と活用方法 独自IoTアプリをビジネスに活用――ノウハウ豊富な開発企業と組むメリットは?

「その他開発関連」関連の特集


情シスと業務部門が持つジレンマの解決に貢献するノンプログラミング開発。その特徴や普及状況、導入事例ま…



 スマートフォンに代表されるモバイル端末の普及や、ビッグデータの解析技術の発達などによって的確にユー…



 前回は、調達の業者選定段階におけるセキュリティ取り組みを概説し、その意義、留意事項等に触れた。 今…


「その他開発関連」関連のセミナー

オフショアで開発する「AR/VR」 【主催:One Technology Japan/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 12月14日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

【実用化が始まった、AR/VR】近年、AR/VRが注目されています。当初は、ゲームなどでの利用が中心でしたが、現在はビジネスでの利用も始まりつつあります。【不動…

アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 2月19日(月)〜2月21日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 19万2240円(定価)/税込

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法…

上司から突然「アジャイルで」と言われた担当者のための導入講座 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 12月19日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

急速に新しい技術や市場が展開し、アジャイル開発への期待値が高まる中、トップダウンでアジャイル導入を施策に掲げる組織が増えています。しかし、「とはいってもそもそも…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

『StiLL』事例研究フォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「『StiLL』事例研究フォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50035024


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ