攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/30

攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪


内田洋行


攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 のセミナー概要 攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 の申込み



開催日時

2010年11月12日(金) 09:30〜17:00|申込み締切 2010年11月11日(木)
会  場 株式会社内田洋行 大阪(大阪 ユビキタス協創広場 CANVAS)
大阪府大阪市中央区和泉町2-2-2

地図はこちら
参加費

無料
定 員

なし
こんな方にオススメ

全社スタッフ |経営者CIO

会員限定で「攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 」の続きが読めます

攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

オールインワンBIツール Actionista! 【ジャストシステム】 OpenText Big Data Analytics 【オープンテキスト】 セルフサービスBI 軽技Web 【富士電機】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
高パフォーマンスを特長とするセルフサービス型BI。新たなデータソースも容易に統合し分析可能。莫大な非構造化データも瞬時に解析し、ビジュアルな結果をユーザに返す。 導入企業900社。社内のデータベースに蓄積された販売管理、生産管理などの業務システムの情報活用から帳票出力まで、セルフサービス型BIツールでデータ分析を促進。

「BI」関連の特集


復号時に読み取られることを回避すべく暗号化したままデータ分類を行う「暗号化データマイニング」が登場!…



大企業から中堅中小企業まで幅広い製品ラインナップが揃った「BIツール」。最適な製品を選択するにはどん…



 心の「機微」を読み取るという意味で名付けられたKIBITは、少ない教師データで人間の「あやしい」と…


「BI」関連のセミナー

ヤンマー、リコーが解説 データ分析実践セミナー 【クリックテック・ジャパン】 注目 

開催日 8月31日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

データ分析で成功している多くの企業では、データ分析や意思決定をするための製品・ソリューションを現場主導で導入していると言われています。一方で、「導入したものの成…

WebFOCUSハンズオンセミナー 【アシスト】  

開催日 8月21日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

見て体験してこそ分かる『WebFOCUS』を使用した情報活用成功術みなさんで情報活用できていますか?たとえば、社員に情報活用してもらいたいけれど・・・ ▼ユーザ…

第75回事例研究フォーラム 【アイエルアイ総合研究所】  

開催日 9月8日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「攻めの経営を支援します ウチダソリューションフェアin大阪 」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034955


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ