仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!

IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/30

仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!


ネットワールド


仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!のセミナー概要 仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!の申込み



開催日時

2010年11月11日(木) 14:00〜17:00|申込み締切 2010年11月11日(木)
会  場 名古屋ルーセントタワー ビジネスサポートセンター 会議室O
愛知県名古屋市西区牛島町6-1 名古屋ルーセントタワー16F  

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |営業・販売|システムの設計・運用

会員限定で「仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!」の続きが読めます

仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「バックアップツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「バックアップツール」関連情報をランダムに表示しています。

「バックアップツール」関連の製品

統合バックアップソリューション 「Backup Exec」 【ベリタステクノロジーズ】 「投資しても止まるシステム」 可用性の投資ギャップはなぜ発生するのか? 【Veeam Software japan】 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は 【arcserve Japan+他】
バックアップツール バックアップツール バックアップツール
幅広いプラットフォームとアプリケーションに対応する統合バックアップソリューション。台数ベースライセンスのほか、容量課金、仮想環境向けソケット課金にも対応。 データセンター投資の理想と現実 ギャップを埋めるにはどうすればいいか 仮想マシンを効率的に保護、ハイパーコンバージドに適したバックアップの手法は

「バックアップツール」関連の特集


震災を機に、改めてバックアップやディザスタリカバリ運用を見直したいと考える担当者もいるのでは。今回、…



データバックアップとイメージバックアップの違いとは…?最新の重複排除機能や仮想環境のバックアップも必…



データ保護に欠かせない「バックアップツール」。進化した重複排除や仮想化対応、リストアに役立つ機能もま…


「バックアップツール」関連のセミナー

OSS+SBクラウドを活用した低コストDRサイトの構築 【主催:サードウェア/協力:NECネクサソリューションズ/SBクラウド/オープンソース活用研究所】 注目 

開催日 8月29日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【もはや大企業だけではなくなった。「止められないシステム」「消えてはいけない」データを持つ会社。】日々の販売売上データ、重要な財務データ、法的保存義務データ、そ…

To the Cloud and Back:本当のクラウド対応をZertoが提供 【クライム】 締切間近 

開催日 8月23日(水)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

Zerto Virtual Replicationは、異種、仮想環境間(VMware/Hyper-V)でのレプリケーションや、仮想環境からAmazon Web …

「バックアップ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「仮想化特有のお悩み解決!次世代インフラソリューション!!」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034930


IT・IT製品TOP > バックアップ > バックアップツール > バックアップツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ