Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー

IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/22

Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー


富士通


Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナーのセミナー概要 Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナーの申込み



開催日時

2010年11月16日(火) 14:00〜16:30|申込み締切 2010年11月15日(月)
会  場 富士通トラステッド・クラウド・スクエア(浜松町)
東京都港区浜松町2-4-1世界貿易センタービル
JR山手線/京浜東北線浜松町駅直結

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括

会員限定で「Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー」の続きが読めます

Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「CRM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「CRM」関連情報をランダムに表示しています。

「CRM」関連の製品

日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 【日本マイクロソフト】 統合型CRMソリューション Visionary 【フュートレック】 デジタルマーケティングの鍵:アジャイル実践のための5つの要素 【SAS Institute Japan】
CRM CRM CRM
日本マイクロソフトはパートナーとどう「協業」するつもりか 「顧客を知る」ための多彩な機能を備え、マーケティング施策の効果向上を支援するCRM(顧客管理)ソリューション。
O2Oに対応した機能により、店舗とECの統合管理が可能。
知っておくべきアジャイルマーケティング実践 5つのポイント

「CRM」関連の特集


CRMの力を100%引き出すには、導入前にどのような準備を整える必要があるのでしょうか。今回はCRM…



利便・利益を追求して導入したのに…手間だけ増えて「使えない」。そんな悲劇は今日でサヨナラ!提供形態別…



 第2回では、顧客とコミュニケーションをとる上で最も大切なのは、「誠実に顧客と向き合うこと」という事…


「CRM」関連のセミナー

これからのコンタクトセンターの話をしよう/無料セミナー 【沖電気工業/OKIソフトウェア】 締切間近 

開催日 6月29日(木)   開催地 福岡県   参加費 無料

OKIは「これからのコンタクトセンターの話をしよう」と題して、コンタクトセンター向けCTI・CRMソリューションの無料セミナーを開催します。多様な情報がデジタル…

BtoC企業様向け!マーケティングオートメーション導入ポイント 【ブレインパッド】  

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

株式会社ブレインパッドは、2017年6月27日(火)に「BtoC企業様向け!マーケティングオートメーション導入ポイントセミナー〜MA導入における課題と効果をあげ…

エンジニアじゃない一般社会人のためのIT知識研修 【オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 6月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【全てのビジネスで、もはやITは不可欠な存在に】「IT doesn't matter.」と言われていたのはもはや昔の話し。いまでは「ビジネスにITは不可欠」とい…

「情報システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Salesforce連携!クラウド時代の情報活用セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034798


IT・IT製品TOP > 情報システム > CRM > CRMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ