クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜

IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 九州・沖縄 > 福岡県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/20

クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜


住商情報システム


クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜のセミナー概要 クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜のプログラム クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜の申込み



開催日時

2010年11月25日(木) 14:00〜17:10|申込み締切 2010年11月24日(水)
会  場 住商情報システム株式会社 九州支社
福岡県福岡市博多区博多駅前3丁目30番23号博多管絃ビル
JR線博多駅 徒歩10分、地下鉄市営空港線博多駅 出口1番 徒歩10分、地下鉄市営空港線祇園駅 出口5番 徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜」の続きが読めます

クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「IT資産管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「IT資産管理」関連情報をランダムに表示しています。

「IT資産管理」関連の製品

エージェントレス型 IT資産管理ツール『e-Survey+』 【ニッポンダイナミックシステムズ】 非常駐型IT資産統合管理ツール「e-Survey+」 【ニッポンダイナミックシステムズ】 中小企業のセキュリティ対策、大企業への攻撃の“踏み台”にされないためには? 【シーティーエス】
IT資産管理 IT資産管理 IT資産管理
手がかかりミスも多いレンタル機器の台帳管理……管理者の負担をどう軽減する? エージェントレスでインベントリ収集。
ハード資産やソフトウェアライセンスと契約情報を紐づけ管理。 直感的な操作で運用負荷を軽減、低コスト・短期間でIT資産管理を実現。
中小企業のセキュリティ対策、大企業への攻撃の“踏み台”にされないためには?

「IT資産管理」関連の特集


 前回の最後において、電子ファイルの仕分け、棚卸しに対する悩みを抱えている企業が増えている、という話…



Oracle DBやVMなどのライセンス管理、しっかりできていますか? 煩雑化しがちなサーバ仮想環境…



ウイルス感染や情報漏えいの対策に手を焼いていませんか。今や資産管理ツールは製品管理だけでなく、これら…


「IT資産管理」関連のセミナー

System Support Day 2017 【ディー・オー・エス】 注目 

開催日 9月7日(木)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型攻撃の脅威や、内部不正による情報漏洩などが社会問題となる昨今、あらゆるセキュリティ対策の基盤となるIT資産管理は、ますます重要性を増しています。また、ソフ…

事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)トレーニングコース 【BSIグループジャパン(英国規格協会)】  

開催日 9月11日(月),12月1日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 3万2400円(税込)

本コースは、事業継続に取り組む上で欠かせない事業影響度分析/ビジネスインパクト分析(BIA)について学びます。事業継続におけるビジネスインパクト分析(BIA)は…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「クラウド時代のIT資産管理〜SAMアプローチとその実践〜」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034701


IT・IT製品TOP > 運用管理 > IT資産管理 > IT資産管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ