中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/15

中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー


NECネクサソリューションズ/富士ゼロックス/NEC


中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナーのセミナー概要 中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナーの申込み



開催日時

2010年11月18日(木)|申込み締切 2010年11月17日(水)
会  場 Walk In Solution Center 東京
東京都港区三田1丁目4番28号 三田国際ビル

地図はこちら
参加費

無料
定 員

40名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー」の続きが読めます

中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】
文書管理 文書管理 文書管理
CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。

「文書管理」関連の特集


経済低迷下においても、内部統制やJ-SOX法対応等により一定の需要拡大が見込まれる文書管理ツールのベ…



 前回までの説明で、情報資産の重要度の識別と、重要な情報資産の所在の管理、特に不正競争防止法に基づく…



ペーパーレス化が叫ばれて数十年、劇的に紙が減ったと感じる人はわずか。進まないペーパーレス化の実態をア…


「文書管理」関連のセミナー

【1社1名限り】Alfrescoによるファイル共有の問題解決 【主催:ヴィセント/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【ファイル共有における課題】ファイル共有を行っている企業は多いと思いますが、課題も多くあります。例えば、■機密文書に誰でもアクセスできてしまう・フォルダやファイ…

オフィスの紙文書そのままで働き方改革できますか? 【NRIセキュアテクノロジーズ/セキュリティリサイクル研究所】  

開催日 3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

世論が大きく動き、政府が旗を振り始めたことで働き方改革 断行の年と言われる2017年。調査※では7割以上の企業が働き方改革の必要性を感じており、その内30%の企…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「中堅・中小企業様向け「数字で見る!文書管理導入効果」セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034639


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ