IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

  Seminer
掲載日:2010/10/01

もみじ祭り


アシスト


もみじ祭りのセミナー概要 もみじ祭りのプログラム もみじ祭りの申込み



開催日時

2010年11月19日(金) 14:00〜17:00|申込み締切 2010年11月18日(木)
会  場 アシスト市ヶ谷サロンルーム
東京都千代田区九段北4-2-1 市ヶ谷東急ビル
都営地下鉄 新宿線 市ヶ谷駅 A4出口より徒歩1分 
東京メトロ 有楽町線 市ヶ谷駅 より徒歩4分
東京メトロ 南北線 市ヶ谷駅 より徒歩6分
(A4出口へは各路線より地下通路にて移動可)または、JR 市ヶ谷駅 より徒歩4分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

80名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「もみじ祭り」の続きが読めます

もみじ祭り」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「もみじ祭り」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ID管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ID管理」関連情報をランダムに表示しています。

「ID管理」関連の製品

米国ガイドライン準拠で高評価、特権アクセス管理ソリューションの要素を知る 【アシスト+他】 「製品を入れれば解決」がID管理で通じないのはなぜか 【日本アイ・ビー・エム】 ID・アクセス管理 「Identity Governance & Administration」 【EVIDIAN-BULL JAPAN】
ID管理 ID管理 ID管理
米国ガイドライン準拠で高評価、特権アクセス管理ソリューションの要素を知る 当たり前のように使っている「ID」と「パスワード」だが、個人を特定する情報を整合性ある形で設計し、どのように管理・運用するかを改めて問い直すべき時期に来ている。 デジタルアイデンティティー管理機能、拡張RBACモデルによるロールベースのアクセス管理機能等を提供するオールインワンのID管理ソリューション。

「ID管理」関連の特集


2009年度の「統合ID管理ツール」シェアをお届けします!数量(導入社数)シェアで、23.7%を獲得…



 最終回となる今回は、サイバー攻撃とSNSの関係について考察する。「SNS」と「サイバー攻撃」・・こ…



 アイデンティティ管理と並んで、IT内部統制やセキュリティ管理策として重要なものとして、アクセスログ…


「ID管理」関連のセミナー

重要情報を守る!〜特権IDアクセス管理の事例とポイント〜 【NRIセキュアテクノロジーズ】  

開催日 10月17日(水),11月28日(水),12月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

企業の重要システムへ不正にアクセスするためにしばしば狙われるのが、情報システム上で高権限を持つ「特権ID」です。悪意のあるユーザが「特権ID」を利用して情報シス…

AWSで検討すべきセキュリティ対策と特権ID管理の勘所 【NTTテクノクロス】  

開催日 12月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

標的型サイバー攻撃などの情報セキュリティ事故などを背景にセキュリティ・コンプライアンスの重要性は高まっています。また、クラウドサービスの利用が急速に進む中、「ク…

監査法人が語る「クラウド時代における特権ID管理」 【NTTテクノクロス】  

開催日 11月30日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

企業の不祥事や情報セキュリティ事故などを背景に内部統制の重要性が高まっており、特権IDの管理は、ガバナンスやセキュリティ強化のために非常に重要な要素となっていま…

「エンドポイントセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

もみじ祭り」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「もみじ祭り」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034410


IT・IT製品TOP > エンドポイントセキュリティ > ID管理 > ID管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ