Coyote Point Systems製品アップデートセミナー

IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/09/22

Coyote Point Systems製品アップデートセミナー


ネットワールド


Coyote Point Systems製品アップデートセミナーのセミナー概要 Coyote Point Systems製品アップデートセミナーのプログラム Coyote Point Systems製品アップデートセミナーの申込み



開催日時

2010年10月8日(金) 14:30〜17:30|申込み締切 2010年10月8日(金)
会  場 株式会社ネットワールド 7階 711会議室
東京都千代田区神田神保町2-4 Daiwa 神保町ビル
地下鉄・・・神保町駅(A2/A3番出口)徒歩1分
九段下駅(5番出口)徒歩4分
JR 線・・・水道橋駅徒歩8分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

ネットワークの設計・運用 |システムの設計・運用|情報システム部の統括

会員限定で「Coyote Point Systems製品アップデートセミナー」の続きが読めます

Coyote Point Systems製品アップデートセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「Coyote Point Systems製品アップデートセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ADC/ロードバランサ」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ADC/ロードバランサ」関連情報をランダムに表示しています。

「ADC/ロードバランサ」関連の製品

Barracuda Load Balancer 【バラクーダネットワークスジャパン】 運用もセキュリティもバラバラ、“マルチクラウドの悲劇”を起こさないために 【F5ネットワークスジャパン】 Barracuda Load Balancer ADC 【バラクーダネットワークスジャパン】
ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ ADC/ロードバランサ
トラフィックを複数のサーバへ負荷分散。サーバ障害に備えたフェールオーバ機能やセキュリティ対策に有効な不正侵入防御機能を搭載した低価格・簡単操作のロードバランサ。 多様なクラウドサービスを自由に使えるマルチクラウドは理想的だ。だが良いことばかりではない。複雑な構成をどう管理し、セキュリティを維持し続けるかは課題だ。 トラフィックを複数のサーバーへ負荷分散する機能やフェールオーバ機能などに加え、本格的なWAF(Web Application Firewall)機能を標準搭載した高機能なADC製品

「ADC/ロードバランサ」関連の特集


ロードバランサは、今やサイトの負荷分散だけでなくメールやDBサーバ等の企業内システムにも導入が加速し…



アドレス変換の応用例であるロードバランサの仕組みやパケット振り分け方法、現在のロードバランサ製品の最…



アドレス変換技術を応用し、ネットワークへの負荷を振り分けるロードバランサ。その仕組みを解明。資格試験…


「ADC/ロードバランサ」関連のセミナー

AGILITY 2017 【主催:F5ネットワークスジャパン】  

開催日 6月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

ITによるビジネス改革が当たり前となった時代。その成功を左右するカギは、クラウドやモバイル、IoT、AIといった個々のテクノロジーやトレンドではなく、皆さんが創…

「ネットワーク機器」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

Coyote Point Systems製品アップデートセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「Coyote Point Systems製品アップデートセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50034220


IT・IT製品TOP > ネットワーク機器 > ADC/ロードバランサ > ADC/ロードバランサのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ