システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/08/28

システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり


プロシード/サン・プラニング・システムズ


システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にありのセミナー概要 システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にありのプログラム システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にありの申込み



開催日時

2010年10月8日(金) 15:00〜17:00|申込み締切 2010年10月7日(木)
会  場 サン・プラニング・システムズ 本社 セミナールーム
東京都中央区新川1-22-11永代ビル7F
東西線・日比谷線・茅場町駅4番b出口より永代通りを永代橋方面へ徒歩8分
半蔵門線 水天宮前駅2番出口より徒歩9分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

1社2名様まで/10名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|全社スタッフ

会員限定で「システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり」の続きが読めます

システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】
その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。

「その他運用管理関連」関連の特集


複雑化したIT基盤の運用管理の自動化の実現に向けて、ITベンダーの自律型(オートノミック)コンピュー…



複数のクラウドを統合的に管理できる「クラウドコントローラ」を紹介。TVでリモコンを使うようにクラウド…



2015年9月3日に成立した「改正個人情報保護法」。一体何が変わったのか、企業で対応すべきポイントと…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

データベースのマルチベンダー環境をサクッと監視する方法 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月24日(水),3月20日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

●当初はOracleだけだったけど他のDBもまとめて管理することになった●属人化しているDB管理をチームで回せるようにしたい●ManageEngineの場合、何…

はじめてのPowerShell 【トレノケート】  

開催日 2月19日(月)   開催地 大阪府   参加費 無料

PowerShellをご存知ですか?PowerShellは、コマンドプロンプトと同じ、コマンドラインシェルの1つです。従来コマンドプロンプトにあったコマンドがな…

企業ITインフラのAWS移行セミナー 【伊藤忠テクノソリューションズ/アマゾン ウェブ サービス ジャパン】  

開催日 2月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

国内でのAWS関連のニュースでは、皆さんの記憶にも新しいと思いますが、2017年、メガバンクで始めてのAWS採用宣言がありました。現在、以前よりさらにAWSの注…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「システム保守運用のコスト削減の鍵は業務プロセスの可視化にあり」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033638


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ