IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 神奈川県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/08/18

第2回 SysMLフォーラム


OMG/UML教育研究所/慶應義塾大学SDM研究所


第2回 SysMLフォーラムのセミナー概要 第2回 SysMLフォーラムの申込み



開催日時

2010年8月31日(火)|申込み締切 2010年8月29日(日)
会  場 慶応義塾大学 日吉キャンパス 協生館3階 C3S02室を予定
神奈川県横浜市港北区日吉4-1-1
東急東横線/東急目黒線/横浜市営地下鉄グリーンライン「日吉駅」徒歩1分
※東急東横線の特急は日吉駅に停車しません。

地図はこちら
参加費

無料
定 員

100名
こんな方にオススメ

経営者CIO |情報システム部の統括|システムの設計・運用

会員限定で「第2回 SysMLフォーラム」の続きが読めます

第2回 SysMLフォーラム」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「第2回 SysMLフォーラム」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「開発ツール」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「開発ツール」関連情報をランダムに表示しています。

「開発ツール」関連の製品

多機能・高精細ビューイングエンジン PrizmDoc 【ラネクシー】 Web Performer 【キヤノンITソリューションズ】 カスタムメイド型業務アプリ作成ツール AppSuite(アップスイート) 【ネオジャパン】
開発ツール 開発ツール 開発ツール
PrizmDoc は開発ツールです。Webアプリケーション上に構築するビューイングエンジンです。低コストで効率的に多機能・高精細ビューイングソフトを作成可能。 ノンプログラミングでJavaのWeb アプリを100%自動生成する、マルチブラウザ対応超高速開発ツール。コーディングの自動化とそれによる品質の均一化により開発期間短縮可能 紙、メール、Excel主体で行われている非効率な社内業務を簡単にシステム化できる業務アプリ作成ツール。各種書類のWeb化により業務効率アップを実現。

「開発ツール」関連の特集


今回ピックアップするのはリッチクライアント。現在多くの企業で、Webブラウザを通してアプリケーション…



「Java」が浸透したことで、同じオブジェクト指向に基づく設計用言語、UML に注目が集まってきてい…



ソフトウェア開発を効率的かつ高品質に行うために欠かせない構成・変更管理ツール。基礎をおさえてデグレー…


「開発ツール」関連のセミナー

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー 【テクマトリックス】  

開催日 6月12日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

サンプルプログラムに対して分析を行いながら、Lattixの基本機能と操作手順をご紹介します。また、サンプルコードを持参していただければ、持参されたコードに対して…

EDB Postgresでデータベースプラットフォームの最適解を考える 【共催:アシスト/エンタープライズDB/システムインテグレータ】  

開催日 5月15日(火)   開催地 大阪府   参加費 無料

オープンシステムからクラウドへとプラットフォームが変化する中、EDB Postgresは、オンプレミス、クラウド問わずあらゆるプラットフォームでの採用実績が増え…

nexacroまるわかりセミナー 【日本ネクサウェブ】 締切間近 

開催日 4月10日(火),4月24日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーは、nexacro platformの最大の特長でもある、「ワンソースによるマルチブラウザ、マルチデバイス対応」を実現するフレームワークの仕組みや、実…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

第2回 SysMLフォーラム」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「第2回 SysMLフォーラム」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033627


IT・IT製品TOP > 開発 > 開発ツール > 開発ツールのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ