情報活用を日常にするツールがここにある!

IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/08/06

情報活用を日常にするツールがここにある!


アシスト


情報活用を日常にするツールがここにある!のセミナー概要 情報活用を日常にするツールがここにある!の申込み



開催日時

2010年9月16日(木) 13:30〜17:00|申込み締切 2010年9月14日(火)
会  場 株式会社アシスト 西日本支社 セミナールーム
大阪府大阪市北区中崎西2-4-12 梅田センタービル28階
阪急/阪神/地下鉄 梅田駅より徒歩7分
または
JR大阪駅より徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

12名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「情報活用を日常にするツールがここにある!」の続きが読めます

情報活用を日常にするツールがここにある!」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「BI」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「BI」関連情報をランダムに表示しています。

「BI」関連の製品

誰でも簡単にデータ分析できるBIツール「Actionista!」 【ジャストシステム】 MotionBoard 【ウイングアーク1st】 Dr.Sum EA 【ウイングアーク1st】
BI BI BI
“かんたん、きれい、分かりやすい”
「誰でも分析」を実現するオールインワンBIツール。誰でも簡単に本格的な分析が行え、分析結果を組織内で自由に共有することが可能。
複数のデータソースからの情報を、一元的に可視化するダッシュボード製品。誰でも使える分かりやすさを備え、モバイル対応でリアルタイムに情報を集計・分析できる。 企業システムに蓄積されたデータを部門間や全社規模で集計分析。
Excelやブラウザを用いて、自由な集計分析を実現する多次元高速集計検索エンジン。

「BI」関連の特集


宅配事業において、各世帯の潜在ニーズの分析や実際のレスポンスが把握しにくいという課題を抱えていたコー…



 さて今回は「データサイエンティスト」について解説をさせていただきますが、読者の皆さんは「データサイ…



BI導入の“失敗例”でよく聞くのが「活用されていない」という声。そんな声に対応し、現在のBIツールは…


「BI」関連のセミナー

第69回事例研究フォーラム 【アイエルアイ総合研究所】 締切間近 

開催日 12月9日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

Excelをプラットフォームとしたデータベースシステム構築ユーザ事例の紹介セミナーです。Excelと『StiLL』とDBを使って実際に開発されたシステムの事例発…

そろそろクラウド始めませんか?〜自社データを有効活用〜 【JBCC/Amazon Web Services Japan】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

昨今、ソリューション検討の際にクラウドを採用することがあたりまえとなっています。クラウドでは、様々なサービスを、必要なだけ、適正な価格で、しかもクイックスタート…

ビジュアル分析ツールTableau(R) 活用事例ご紹介 【NECネクサソリューションズ】  

開催日 12月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

Tableau Conference in Austinの内容も交え、Tableau最新アップデートをお届けすると共に、見える化活用現場の生の声、Tableau…

「データ分析」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「情報活用を日常にするツールがここにある!」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033522


IT・IT製品TOP > データ分析 > BI > BIのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ