IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/08/06

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー


テクマトリックス


【SEL-1】Lattixハンズオンセミナーのセミナー概要 【SEL-1】Lattixハンズオンセミナーの申込み



開催日時

2010年9月13日(月) 14:00〜17:00|申込み締切 2010年9月12日(日)
会  場 テクマトリックス セミナールーム
東京都港区高輪4-10-8 京急第7ビル3F
JR山手線 品川駅 または京浜急行線 品川駅

地図はこちら
参加費

無料
定 員

8名
こんな方にオススメ

製造・生産管理 |プログラマ|その他

会員限定で「【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー」の続きが読めます

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他開発関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他開発関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他開発関連」関連の製品

Webアプリ作成ツール Forguncy 【グレープシティ】 インバウンドに最適ソリューション!観光ルート提案サービス 【駅探】 メインフレームマイグレーションサービス 【NDIソリューションズ】
その他開発関連 その他開発関連 その他開発関連
Excel感覚で手軽にWebアプリケーションを作成できる、ノンプログラミング開発支援ツール。作成後は既存システムとの連携も容易に実現できる。 訪日外国人の観光ニーズを満たす「観光ルートサービス」でビジネス商機をつかむ 既存の業務プログラムを低コスト運用が可能なIBM i 環境に移行するサービス。現有プログラム資産の有効活用を支援しつつ、レガシーシステムへ先進の機能を付加できる。

「その他開発関連」関連の特集


引き続き、「要件定義の進め方(3)」と題して、前回までにお話しさせていただいた要件定義フェーズをクロ…



スマートフォンとBLE対応IoTデバイスとの連携をシンプルにする新プラットフォームが登場!日常生活に…



前回までのコラムでは、「なぜ」「だれが」「どのように」の3つ視点から、RFP(提案依頼書)作成の際の…


「その他開発関連」関連のセミナー

ニアショア開発成功事例を、発注者企業が自ら紹介 【主催:地域ICT人材データベース/協力:オープンソース活用研究所】  

開催日 2月6日(月)   開催地 東京都   参加費 無料

【注目される、ニアショア開発】慢性的なITエンジニアの不足や、中国オフショア開発の単価上昇などに伴い、地域のIT企業にシステム開発を委託する「ニアショア開発」が…

ジェイテック IOTハンズオンセミナー 【ジェイテック】  

開催日 2月18日(土)   開催地 東京都   参加費 有料 1万円(税込)

◆IOT入門セミナーWiFi機能を内蔵した、Arduino互換開発が行えるESP8266を使用してIOT体験を行えるハンズオンセミナーを実施します。【こんな方は…

アジャイル手法を使ったソフトウェアのモデル化と開発◆23PDU 【ラーニング・ツリー・インターナショナル】  

開催日 2月6日(月)〜2月8日(水)   開催地 東京都   参加費 有料 19万2240円(定価)/税込

アジャイルソフトウェア開発に関して、ケーススタディを通して、ユーザー要件を満たすアプリケーションを開発するために反復的で、機能駆動で顧客主導のアジャイル開発手法…

「開発」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【SEL-1】Lattixハンズオンセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033510


IT・IT製品TOP > 開発 > その他開発関連 > その他開発関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ