次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化

IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/08/03

次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化


日立製作所


次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化のセミナー概要 次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化の申込み



開催日時

2010年9月29日(水)|申込み締切 2010年9月24日(金)
会  場 品川イーストワンタワー13Fハーモニアス・コンピテンス・センター
東京都港区港南2丁目16番1号
※JR品川駅・中央改札口より徒歩約4分
 京浜急行品川駅・高輪口より徒歩約5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括

会員限定で「次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化」の続きが読めます

次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他運用管理関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他運用管理関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他運用管理関連」関連の製品

データベース可視化ソリューション MaxGauge(マックスゲージ) 【日本エクセム】 RPAで定型業務のPC操作を自動化、働き方を根本から変える注目の手法とは? 【ミライト情報システム】
その他運用管理関連 その他運用管理関連
データベースやアプリケーションサーバの詳細な稼働情報、セッション、SQLの実行履歴を可視化できるソフトウェア。すべてのパフォーマンスデータを最小限の負荷で収集。 RPAで定型業務のPC操作を自動化、働き方を根本から変える注目の手法とは?

「その他運用管理関連」関連の特集


安倍政権となり、新年より多少世の中の感じが変わってきているが、実態はますます借金が増えて財政難の中ど…



第一回で挙げた3つの立場ごとに課題と解決について解説していく。まずは直接システム運用作業を行う現場担…



複雑化したIT基盤の運用管理の自動化の実現に向けて、ITベンダーの自律型(オートノミック)コンピュー…


「その他運用管理関連」関連のセミナー

データベースのマルチベンダー環境をサクッと監視する方法 【ゾーホージャパン】 注目 

開催日 1月24日(水),3月20日(火)   開催地 神奈川県   参加費 無料

●当初はOracleだけだったけど他のDBもまとめて管理することになった●属人化しているDB管理をチームで回せるようにしたい●ManageEngineの場合、何…

パフォーマンス悪化を予防するアプリケーションの見える化とは 【主催:アシスト】  

開催日 3月13日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

「Webサービスのパフォーマンス悪化を予防するアプリケーションの見える化とは」〜Webサービスのパフォーマンス悪化によるビジネス機会の損失、ユーザクレーム!にお…

経営リスク軽減の為の情報セキュリティガバナンスコース 【BSIグループジャパン】  

開催日 3月14日(水),6月8日(金)   開催地 東京都   参加費 有料 4万932円(税込)

JIS Q 27001:2014において、ISMSに関してトップマネージメント(経営者)がリーダーシップ及びコミットメントを実証することが定められており、情報セ…

「運用管理」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「次世代ジョブ管理JP1/AJS3による業務運用の自動化」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033421


IT・IT製品TOP > 運用管理 > その他運用管理関連 > その他運用管理関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ