文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/07/31

文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー


日本電気


文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナーのセミナー概要 文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナーの申込み



開催日時

2010年8月25日(水)|申込み締切 2010年8月25日(水)
会  場 NEC本社ビル 1F NECプラットフォームイノベーションセンター、デモンストレーションルーム
東京都港区芝5-7-1
JR田町駅 西口(三田側)より徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|全社スタッフ
参加者プレゼント
参加者全員にNECのノベルティーをプレゼント!

会員限定で「文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー」の続きが読めます

文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

Trinity(トリニティー) 【Zero Divide】 文書管理システム「活文 Contents Lifecycle Manager」 【日立ソリューションズ】 文書管理ソリューション 「MyQuick」 【インフォコム】
文書管理 文書管理 文書管理
●「IBM i」(System i、AS/400)で開発されたソフトウェアのメンバーソースから設計書を自動作成。
●作成以外にも管理/閲覧/編集、システム分析、自動更新までの機能を提供。
文書の作成、閲覧、保存、廃棄など、文書のライフサイクル全般の作業をパソコンで操作でき、ネットワーク経由でのやり取りを可能にすることで、業務を効率化する。 企業内のドキュメント情報を一元集約化し、いつでもどこでも必要な文書の検索を可能にするドキュメント管理システム。ファイル暗号化により、情報漏洩対策も万全。

「文書管理」関連の特集


「文書管理」を行う上で大切な業務フローの整理方法から、費用対効果の算出方法まで、導入時に欠かせない情…



経済低迷下においても、内部統制やJ-SOX法対応等により一定の需要拡大が見込まれる文書管理ツールのベ…



200社を超えるグループ全体でUCを実現するグローバル情報共有基盤展開を実施中の同社に成功のポイント…


「文書管理」関連のセミナー

『SDL Studio GroupShare 2017』 紹介ウェビナー 【SDLジャパン】  

開催日 4月20日(木)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

SDL Studio GroupShareとは、SDL Trados Studioで作成したプロジェクトをインターネットで共有する仕組みです。SDL Trado…

ペーパーレス化による『コスト削減』と『業務効率化』セミナー 【GMOクラウド/JFEシステムズ/新日本コンピュータマネジメント】  

開催日 4月21日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

電子署名法や、電子帳簿保存法の法的環境整備や改正が進む中、これまでの契約締結業務や会計帳簿と税務関係書類を電子化することで、業務全体の効率化を図る企業が増えてい…

SDL Trados Studio Basic 3 「翻訳メモリの作成と管理」 【SDLジャパン】  

開催日 4月11日(火)   開催地 オンラインセミナー   参加費 無料

2017年の新ウェビナーシリーズである「SDL Trados Studio Basic」の3回目の開催についてお知らせします。今回は、翻訳メモリの作成方法と管理…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「文書証跡と確証管理の活用による業務スタイルの刷新 セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033413


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ