オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/07/24

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー


野村総合研究所


オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーのセミナー概要 オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーのプログラム オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーの申込み



開催日時

2010年8月19日(木) 17:00〜18:00|申込み締切 2010年8月19日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、他 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2〜6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の続きが読めます

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

エンタープライズコンテンツ管理システム Alfresco 【イージフ】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】 intra-mart 文書管理ソリューション 【エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート】
文書管理 文書管理 文書管理
オープンソースによる本格的な文書管理/情報共有ツールであり、CMIS(コンテンツ管理システムの標準規格)に準拠。エンタープライズ規模に対応。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。 文書の保管はもちろん、文書のライフサイクルや業務フローにあわせたドキュメントマネジメントが可能。
電子帳簿保存法にも対応している。

「文書管理」関連の特集


あのファイル、どこいったっけ……? あの人が探すとすぐに出てくるのに、どうして私が探すと見つからない…



ベンダの独自仕様は自社ニーズに合っているか?複合機やグループウェアとのスマート連携は可能か?情報共有…



SOX法施行目前で“文書化・保存”は緊急課題!今回は文書化実務作業の強力な助っ人「SOX法対策支援ツ…


「文書管理」関連のセミナー

【1社1名限り】Alfrescoによるファイル共有の問題解決 【主催:ヴィセント 協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 4月25日(水)   開催地 愛知県   参加費 無料

【ファイル共有における課題】ファイル共有を行っている企業は多いと思いますが、課題も多くあります。例えば、【機密文書に誰でもアクセスできてしまう】・フォルダやファ…

事例に基づく電子化文書管理セミナー 【NRIセキュアテクノロジーズ】 締切間近 

開催日 4月20日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

オフィス内電子化文書の利用用途、管理要件はさまざまです。・問い合わせに対して関係する複数の書類をまとめて参照したい・完成した報告書類がいつ誰によって更新されたか…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033286


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ