オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー

IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/07/24

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー


野村総合研究所


オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーのセミナー概要 オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーのプログラム オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナーの申込み



開催日時

2010年8月19日(木) 17:00〜18:00|申込み締切 2010年8月19日(木)
会  場 野村総合研究所 丸の内総合センター 9F
東京都千代田区丸の内1-6-5 丸の内北口ビル
JR東京駅 丸の内北口より徒歩2分、地下鉄丸の内線 東京駅 徒歩3分、他 地下鉄各線 大手町駅 徒歩2〜6分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の続きが読めます

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「文書管理」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「文書管理」関連情報をランダムに表示しています。

「文書管理」関連の製品

企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 【アドビ システムズ】 設計データ管理「SOLIDWORKS Enterprise PDM」 【NEC】 オープンソースECM「NemakiWare」 【イージフ】
文書管理 文書管理 文書管理
企業の約80%が紙ベースで運用する社外ドキュメント、デジタル化がもたらす効果 SOLIDWORKSの設計データのハイレベルな運用/ワークフロー管理を実現するソリューション。SOLIDWORKSブランドならではの高い親和性が特長。Obbligatoとの連携も可能。 CMISに完全準拠した国産オープンソースECM(文書管理)システム。ニーズにあわせて自由な拡張・連携が可能。ユーザもシステム管理者も使いやすい、シンプルなECM。

「文書管理」関連の特集


200社を超えるグループ全体でUCを実現するグローバル情報共有基盤展開を実施中の同社に成功のポイント…



2015年度は115億円規模だった文書管理ツール市場。大企業を中心に導入が進む中、17%の占有率を獲…



「文書管理」を行う上で大切な業務フローの整理方法から、費用対効果の算出方法まで、導入時に欠かせない情…


「文書管理」関連のセミナー

【1社1名限り】Alfrescoによるファイル共有の問題解決 【主催:ヴィセント/協力:オープンソース活用研究所】 締切間近 

開催日 2月27日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

【ファイル共有における課題】ファイル共有を行っている企業は多いと思いますが、課題も多くあります。例えば、■機密文書に誰でもアクセスできてしまう・フォルダやファイ…

オフィスの紙文書そのままで働き方改革できますか? 【NRIセキュアテクノロジーズ/セキュリティリサイクル研究所】  

開催日 3月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

世論が大きく動き、政府が旗を振り始めたことで働き方改革 断行の年と言われる2017年。調査※では7割以上の企業が働き方改革の必要性を感じており、その内30%の企…

「情報共有システム・コミュニケーションツール」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「オープンソースで実現するCMS/文書管理セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50033286


IT・IT製品TOP > 情報共有システム・コミュニケーションツール > 文書管理 > 文書管理のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ