IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 近畿 > 大阪府 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/07/03

物流現場力強化セミナー


NECネクサソリューションズ


物流現場力強化セミナーのセミナー概要 物流現場力強化セミナーの申込み



開催日時

2010年7月29日(木)|申込み締切 2010年7月28日(水)
会  場 Walk In Solution Center 関西
大阪府大阪市中央区城見一丁目3番7号 松下IMPビル2階(松下IMPホール横)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |経営者CIO|システムの設計・運用

会員限定で「物流現場力強化セミナー」の続きが読めます

物流現場力強化セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「物流現場力強化セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「その他基幹系システム関連」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「その他基幹系システム関連」関連情報をランダムに表示しています。

「その他基幹系システム関連」関連の製品

システム連携/ファイル転送ツール「HULFT」 【セゾン情報システムズ】 財務統合管理システム 「Fusion」 【Profit Cube】 AsReaderApps 【アスタリスク】
その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連 その他基幹系システム関連
多数の導入実績を持ち、80%という圧倒的シェアを誇るTCP/IP企業内・企業間通信ミドルウェア。データ連携やシステム連携を安全、確実かつ円滑に行う。 借入/貸付金、有価証券や社債などの財務データをグループ企業全体で一元管理。必要に応じてモジュールの段階的な導入も可能。会計システムへの仕訳出力機能も標準で実装。 iPhone/ iPod touchにインストールして使用するクラウド型業務アプリケーションサービス。バーコードだけでなく、RFID対応のアプリケーションもある。

「その他基幹系システム関連」関連の特集


前回のコラムでは、中小企業での特例的な対応方法と従業員以外のマイナンバーの管理について説明しました。…



駅の改札や会社の入退室管理に使われ、意外に身近な存在となっている「RFID」。概要をアニメでサクッと…



近頃、巷を賑わすキーワード「SaaS」。SaaSはASPと何が違うのか?今後どのように進化していくの…


「その他基幹系システム関連」関連のセミナー

次のステップへIBM i (AS/400)モダナイゼーション・セミナー 【日本電通/NDIソリューションズ】 締切間近 

開催日 12月8日(木)   開催地 愛知県   参加費 無料

IBM i は顧客満足度調査2015-2016ミッドレンジサーバー部門において18年連続1位(※)となり高い満足度を証明しております。今回のセミナーはIBM i…

データ活用事例セミナー 【電通国際情報サービス】 締切間近 

開催日 12月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

■タイトル  古野電気様の事例に学ぶ!  〜SAP+αでプロジェクトを成功に導く!そのポイントとは〜       ■日程、会場 12/ 6(火) 14…

事例から学ぶ、サブスクリプションビジネスの導入と成長 【三井情報/Zuora Japan】 締切間近 

開催日 12月7日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

顧客のニーズが「所有から利用へ」と変化している中で、日本においても業界を問わず、サブスクリプションビジネスへの注目度が高まっています。しかしながら、従来主流であ…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

物流現場力強化セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「物流現場力強化セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50032878


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > その他基幹系システム関連 > その他基幹系システム関連のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ