【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方

IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 中部・北陸 > 愛知県 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/06/25

【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方


日通システム


【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方のセミナー概要 【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方の申込み



開催日時

2010年8月27日(金)|申込み締切 2010年8月27日(金)
会  場 ナディアパークビジネスセンタービル9階 A会議室
愛知県名古屋市中区栄3丁目18番1号
※名古屋市営地下鉄東山線「栄駅」下車 7・8番出ロより徒歩7分
※名古屋市営地下鉄名城線「矢場町駅」下車、5・6番出ロより徒歩5分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

全社スタッフ |情報システム部の統括|経営者CIO

会員限定で「【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方」の続きが読めます

【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「人事管理システム」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「人事管理システム」関連情報をランダムに表示しています。

「人事管理システム」関連の製品

人材育成・総合スキル管理ツール ESI (Enterprise Skills Inventory) 【ワン・オー・ワン】 形だけの働き方改革にしないこれからの「勤怠管理システム」に必要なものとは 【科学情報システムズ】 タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント 【SCSK】
人事管理システム 人事管理システム 人事管理システム
社員ごとに、ビジネス戦略に沿った人材育成プログラムが作成できるなど、豊富な機能が実装された総合スキル管理システム。厚生労働省が推奨する職業能力評価基準に対応。 形だけの働き方改革にしないこれからの「勤怠管理システム」に必要なものとは タワーレコードなど4社に学ぶ人事給与システム刷新のポイント

「人事管理システム」関連の特集


まだ終身雇用への期待が大きい日本。しかし、少子高齢化やグローバル化に伴い注目され始めているのが「タレ…



2016年1月から始まるマイナンバー制度だけに、対策が急がれています。何をすべきか具体的な対策をアナ…



 これまでストレスチェック制度について、産業医の立場から述べてきました。 今回は、もう少しイメージが…


「人事管理システム」関連のセミナー

過重労働対策の新常識と労基法改正に向けて今から取り組むべき事 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】  

開催日 2月6日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

元労働基準監督官の視点から国がこれまでに講じてきた過重労働対策のポイントや理由などを解説するとともに、労働基準法改正に向けてどのような準備を行うべきかを紹介しま…

クラウド型奉行シリーズを活用した業務改善セミナー 【NECネクサソリューションズ/オービックビジネスコンサルタント】 締切間近 

開催日 1月23日(火)   開催地 東京都   参加費 無料

従業員に関する労務管理業務の多くが、いまだ紙やExcelで手間と時間をかけているため、管理部門や従業員に様々な負荷が発生し多くの企業で課題となっています。 労務…

「基幹系システム」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「【医療福祉業様向け】求められる労務管理と労働時間管理のあり方」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50032717


IT・IT製品TOP > 基幹系システム > 人事管理システム > 人事管理システムのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ