「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー

IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/06/24

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー


データコア・ソフトウェア/住商情報システム


「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーのセミナー概要 「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーのプログラム 「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナーの申込み



開催日時

2010年8月5日(木)|申込み締切 2010年7月31日(土)
会  場 住商情報システム 晴海本社 17Fセミナールーム
東京都中央区晴海1-8-12晴海トリトンスクエア オフィスタワーZ
都営大江戸線 勝どきA2出口から徒歩8分 または 都営大江戸線/東京メトロ有楽町線 月島10番出口から徒歩10分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

20名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |情報システム部の統括|営業・販売

会員限定で「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の続きが読めます

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「ストレージ仮想化」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「ストレージ仮想化」関連情報をランダムに表示しています。

「ストレージ仮想化」関連の製品

インテル ネットワーク・プラットフォーム・グループのビッグデータ分析 【インテル】 「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法 【日本アイ・ビー・エム】
ストレージ仮想化 ストレージ仮想化
世界有数の金融機関が目指した、一元的なビッグデータ分析環境とは? 「SDS」を宝の持ち腐れにしない、今どきのストレージ運用管理法

「ストレージ仮想化」関連の特集


大震災や電力不足の影響でマイナス成長が予測される国内の外付け型ストレージ市場。だがその中身を詳しく分…



サーバ仮想化やVDIなど、仮想環境でのシステム利用は増加中。そして次にくるのが、ストレージプールを仮…



ストレージシステムの使用効率を改善するために開発された技術「ストレージ仮想化」。最新の同ツールの注目…


「ストレージ仮想化」関連のセミナー

SDS最先端活用事例セミナー 【アセンテック/ネクセンタ・システムズ・ジャパン】  

開催日 7月14日(金)   開催地 東京都   参加費 無料

さまざまなストレージニーズに対して、すべてをカバー可能なNexenta SDS。標準ハードで構築可能で、数TB-数百PBまでをもカバー可能です。単純なオンプレミ…

『次世代仮想化』なるほどセミナー 【JBCC/カスペルスキー】 締切間近 

開催日 7月5日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

カスペルスキー グリーンチームパートナー イベント協賛もっとゆ〜っくりお聞きになりませんか?『次世代仮想化』なるほどセミナーこんな課題や疑問をお持ちの企業様ぜひ…

『次世代仮想化』なるほどセミナー 【JBCC/カスペルスキー】  

開催日 7月7日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

カスペルスキー グリーンチームパートナー イベント協賛『次世代仮想化』なるほどセミナー 〜2大HCI基盤徹底比較します!SimpliVity VS Nutani…

「ストレージ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「「仮想化時代のストレージ環境を支える」データコア紹介セミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50032691


IT・IT製品TOP > ストレージ > ストレージ仮想化 > ストレージ仮想化のITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ