IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/06/05

FortiGateまるわかりセミナー


図研ネットウエイブ


FortiGateまるわかりセミナーのセミナー概要 FortiGateまるわかりセミナーのプログラム FortiGateまるわかりセミナーの申込み



開催日時

2010年7月9日(金)|申込み締切 2010年7月8日(木)
会  場 フォーティネットジャパン株式会社
東京都港区六本木7丁目18-18 住友不動産六本木通ビル8階
「六本木駅」2番出口より徒歩2分(日比谷線)
「六本木駅」4b出口より徒歩4分(大江戸線)
「乃木坂駅」5番出口より徒歩7分(千代田線)

地図はこちら
参加費

無料
定 員

15名
こんな方にオススメ

システムの設計・運用 |全社スタッフ|その他
参加者プレゼント
粗品を差し上げます。

会員限定で「FortiGateまるわかりセミナー」の続きが読めます

FortiGateまるわかりセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「FortiGateまるわかりセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「UTM」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「UTM」関連情報をランダムに表示しています。

「UTM」関連の製品

高度な機能を有した次世代ファイアウォールで、企業の社会的信用を強固に守る 【グレスアベイル】 「多層防御の運用」というセキュリティ対策の壁をどう乗り越える? 【シーティーシー・エスピー】 FEREC 【ネットスプリング】
UTM UTM UTM
高度な機能を有した次世代ファイアウォールで、企業の社会的信用を強固に守る サイバー攻撃が高度化する昨今、企業ITには強固なセキュリティが必要だ。企業がセキュリティ製品を適切に選択して導入し、運用する負担も重くなっている。よい解決策は。 IDとパスワードによる「ユーザ認証」「アクセスコントロール」「ログ収集」を1台で実現するアプライアンスタイプのLANアクセス管理システム。

「UTM」関連の特集


毎年進化する攻撃によって企業は脅威にさらされており、その対策に四苦八苦するケースも。そこで役立てたい…



ネットワークに対する脅威が複雑化する中、運用が容易なために中堅中小企業などを中心に導入が拡大する同市…



スパム、ウイルス、情報漏洩…セキュリティ担当者の悩みをまとめて解決してくれる「UTM」。基礎から最新…


「UTM」関連のセミナー

「深化するネットワークの脅威」セミナー 【キヤノンシステムアンドサポート/データコントロール】  

開催日 11月9日(木)   開催地 岡山県   参加費 無料

多様化するネットワーク セキュリティの中で、どのような組み合わせが有効なのか、攻撃の事例を交えながら気をつけるべきポイントを分かり易くご紹介します。

SSL通信環境におけるセキュリティ対策、ログ運用の提案ポイント 【マクニカネットワークス】  

開催日 12月20日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

WebサイトのSSL化が年々右肩上がりに増加しており、現在約半数のWebサイトがSSL化されていると言われております。本来安全を確保するためのSSL通信が、暗号…

中国IT関連法令対応状況のご紹介 【主催:IIJグローバルソリューションズ】 締切間近 

開催日 10月27日(金)   開催地 大阪府   参加費 無料

日系企業の多く進出する中国。China Plus 1という言葉が聞かれるものの、日系企業の多くのお客様が中国国内に重要拠点をお持ちである状況は続き、市場としても…

「ネットワークセキュリティ」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

FortiGateまるわかりセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「FortiGateまるわかりセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。



掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50032221


IT・IT製品TOP > ネットワークセキュリティ > UTM > UTMのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ