IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITセミナー > セミナー詳細

IT・IT製品TOP > サイトマップ > 開催終了セミナー一覧 > 首都圏 > 東京都 > セミナー詳細

このセミナーはすでに終了しています。
※キーマンズネット外へのリンクは切れている場合がございますので、ご了承ください。
セミナーの使い方

掲載日:2010/05/28

OECソリューションセミナー


岡谷エレクトロニクス


OECソリューションセミナーのセミナー概要 OECソリューションセミナーのプログラム OECソリューションセミナーの申込み



開催日時

2010年6月15日(火) 13:00〜16:30|申込み締切 2010年6月15日(火)
会  場 Learning Square 新橋 6-C
東京都港区新橋4-21-3 新橋東急ビル4F・5F・6F
JR新橋駅より徒歩2分

地図はこちら
参加費

無料
定 員

30名
こんな方にオススメ

情報システム部の統括 |システムの設計・運用|ネットワークの設計・運用
参加者プレゼント
Windows Server 2008 R2評価版メディア&Microsoft社製品ロゴ入りタンブラー

会員限定で「OECソリューションセミナー」の続きが読めます

OECソリューションセミナー」についてご紹介。会員登録すると、セミナー概要やプログラムがご覧いただけます。

続きを読むには・・・

会員登録すると、「OECソリューションセミナー」の他にも関連するセミナーをメールでお知らせします!

会員登録(無料)・ログイン


このページの先頭へ

「Windows」関連の情報を、チョイスしてお届けします

※キーマンズネット内の「Windows」関連情報をランダムに表示しています。

「Windows」関連の製品

「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル 【日本マイクロソフト】 System x3550 M5 【レノボ・ジャパン】 限られた空間に演算能力を凝縮する NeXtScale System 【レノボ・ジャパン株式会社】
Windows Windows Windows
「Windows as a Service」とは Windows 10から変わるサービスモデル あらゆるワークロードを加速するパフォーマンス、信頼性、及び、セキュリティを備えた、強力でコンパクトな2ソケットの1Uラック・サーバ。 ハイエンドな3DCG制作で、舞台裏を支えるITインフラの正体

「Windows」関連の特集


Active Directoryは企業のユーザ管理、アクセス制御を担う仕組みとして浸透している。更に…



ミドルウェアの役割の1つはOSの機能補完だが、様々な機能を網羅したWindows Server 20…



マイクロソフトが新たにリリースしたWindows Server 2012は、これまでリリースされた新…


「Windows」関連のセミナー

Windows 10 展開&管理に欠かせない準備と現場での注意点 【日本マイクロソフト】 締切間近 

開催日 12月14日(水)   開催地 東京都   参加費 無料

本セミナーでは、現在Windows 10 の導入を検討されているお客様を対象に、最新OSを導入を薦める背景と展開に欠かせない準備についてご紹介いたします。また、…

【福岡開催】Windows 10利活用と移行ノウハウセミナー 【富士通】 締切間近 

開催日 12月16日(金)   開催地 福岡県   参加費 無料

   ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━       Windows 10の新機能の使いこなしと移行のノウハウをご紹介!   ━━…

新・Windows Serverを選ぶ理由〜最新のOSは役に立つ〜 【エイコー】  

開催日 1月19日(木)   開催地 大阪府   参加費 無料

【概要】Windows Server 2012 R2のリリースから3年、最新のサーバーOS『Windows Server 2016』が発売されました。「クラウド…

「サーバー」関連 製品レポート一覧

このページの先頭へ

OECソリューションセミナー」の記事を一部ご紹介しました。
会員登録を行い、ログインすると、「OECソリューションセミナー」の記事の続きがお読みいただけます。


印刷用ページへ

掲載されておりますサービス内容・料金などは掲載日時点のものです。変更となる場合がございますのでご了承下さい。


50032047


IT・IT製品TOP > サーバー > Windows > WindowsのITセミナー > セミナー詳細

このページの先頭へ

キーマンズネットとは

ページトップへ